上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



奈良でオペラ、それもトゥーランドットが見れるというので出かけてきました。

場所は平城京 太極殿前、野外ステージ。

トゥーランドットは中国を舞台にしたお話しですから、長安の都を模した平城京跡は

ピッタリな場所です。

オーケストラはイタリアボローニャ歌劇場フィル、

トゥーランドット姫はノルマ・ファンティーニ、今最も乗っているソプラノ歌手です♪

turan20160924 (3)

すぐ降り出しそうな重い空

turan20160924 (4)

野外ステージは二千人程入るのだそう、安い席は売り切れ、立ち見も一杯、でも2万を超える席は空きが…

台風シーズンど真ん中ですから、払い戻しはあるとはいえ野外で2万越えは勇気がいる?

turan20160924 (5)

幕間(20分)短い!

イタリアやウィーンなどでは30分~あったと思うのですが

トイレは仮設を含めて大行列で、行って帰ってきたらもう次の幕が上がってしまう。

ちょっと忙しない。

turan20160924 (1)

背景が迫力あるので「誰も寝てはならぬ」と、街にお触れが出た時の描写などは

ぼんぼりの灯りが背後の太極殿に次々映り、奥行き、スケール感が出て綺麗でした。

トゥーランドット姫役のアリアの長さにはびっくり。

召使リューのアリアも透明感のある声で、喝采をもらってました。

カラフ役のイアン・ストーリーは長身で見栄えするため、女性キャストとのバランス良し。

指揮は吉田裕史氏。46歳でボローニャ歌劇場の首席指揮者だそうです。

颯爽とオケピに歩いてくる姿が、イタリア男性に劣らず恰好良かったです。

このオケでこのキャスト、この場所は良かった!

お天気だけは残念でしたが、野外の場合、天候変化はつきもの。

そういえばヴェローナのアリーナでも、雨が降った記憶がありマス。。。
テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
 2016_09_26



セレナは12、3歳を過ぎたごろぐらいから時々パタンと倒れるようになりました。

最初は倒れても意識はあって動けない、という感じだったので

循環器が悪いせいなのか、前庭疾患かなあ、

なんて診断が出ていたのですが、

14歳を過ぎたころぐらいから倒れた後、呼びかけても反応しない時間が出てきて

15歳過ぎからてんかんの発作を起こすようになりました。

てんかんは特発性(遺伝性の可能性が高く、2歳までに症状が出ることが多い)と症候性(ケガや病気などによって脳内に障害が起きる)があります。

年齢的に高齢になってからの発作ですから、症候性なのでしょう。

セレナの基礎疾患として血液に異常があり、血栓ができやすいので、少しづつ脳に梗塞を起こしているのだろう、という診たてでした。

化学療法はとてもよく効き、血液のデータは改善されましたが、梗塞を起こした部位が回復するということはなく、少しづつQOLが落ちてゆくという感じです。

てんかんの発作時間中は体全体が震えたり強張り、失禁、脱糞した後、意識がなくなることが多いです。

獣医師によると「この時間犬は意識はほとんどないから、見た目ほど苦しくないですよ」

と言うことですが。

大きな発作を起こすと、びっくりします。

重責発作と言い、意識がない状態が長く続くと回復が難しくなるため、病院に担ぎ込むことになります。

てんかん発作そのもので命を落とすことはあまりないそうですが、やはり慌てます。

tanbo201609041.jpg

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
 2016_09_05


若冲展

Category: 日記  

国立美術館は恐ろしいぐらい混雑しているという噂で、会期中近づけなかったのですが

細見美術館が夏の間コレクションを展示していると聞いて、出かけてきました。

pos20160715.jpg


crs_ex0482-1.jpg

生誕300年記念 伊藤若冲-京に生きた画家-
前期:2016年6月25日(土)~7月31日(日)
後期:2016年8月2日(火)~9月4日(日) 細見美術館

生誕300年ということで年間通じてあちこちで若冲展はやっているのです。

錦の市場でもアーケードを使いイベントをしてるらしい。

細見コレクションでは若冲の作品の他にも、弟子や琳派の作品も併せて展示しています。

あまり規模が大きくないので、ゆっくり見て回るのにちょうどよいかな~

と思って出かけたのですが、ここもうんざりするぐらい人がいました。

恐ろしいぐらい暑い日だったにもかかわらず、表にまでずらりと順番待ちの列が!

近頃の若冲人気は一体何なのでしょう?

natu20160714.jpg
<祇園のころの京都は一番暑い>

natu20160713.jpg
<美術館周辺>

とにかく会場は人一杯で、エアコンがあまり効かず、汗をぬぐうのが大変でした。

お土産売り場には扇子、団扇、手ぬぐい、が沢山売られていて、それらは飛ぶように売れてました。

もちろん私も買いました。

若冲が好きな人ならお馴染み「叭々鳥図」をアレンジしたものです。

この夏は例年以上に暑いそうなので、かなり役立ってくれそうな一品です。
テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
 2016_07_15



千夏は16歳になりました~、ダイナは早いもので明日10歳になります。

気が付くと白髪が増えていたなあ。

tina20160615.jpg

<すごく真剣>

dai20160615.jpg

ダイナは「食べ物を前に待て」がほとんど出来ない

若いときは、出来たように思うのですが

シニアな2頭ですが、食欲はとても旺盛です。

ケーキは一瞬で消え去りました。
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2016_06_16



とにかく有名人の書が沢山見れました!

本年大阪市立美術館は開館八十周年ということで、大盤振る舞いです。

歴史の教科書で見かけるような書がバンバン気前よく登場しています。

王義之や歐陽詢、宋代の蘇軾、米芾、文徴明、祝允明、王鐸、傅山等々

ほとんど実物~♪

※王義之の 真蹟はありません、「蘭亭序」という王義之の傑作を

臨書(手本を元に模した書)、をさらに下敷きにして模刻した碑、

の拓本(法帖)が出ています。

臨模しているのは褚遂良などの有名書家ですから、それもまた

非常に素晴らしいものです♪

tyosuiryou201605.jpg
<褚遂良の 「聖教序」”大唐三蔵聖教之序”の摸刻、薬師寺>

◆褚遂良は唐の太宗に重用され中書令(官僚のトップ)まで上り詰めましたが、

次の高宗からは冷遇されベトナムまで流され、異境で亡くなった不遇の人です。

(一説では武側天の立后に反対したから、とされます)

真面目で融通の利かない性分だったのかもしれません…

書は、端正でバランスがとれ、楷書のお手本中のお手本とされます。

次の部屋には宋代の黄庭堅、蘇軾、 米芾 があります。

◆蘇軾は同時代の黄庭堅よりやはり感情の起伏、振幅がわかる感じの書です(#^.^#)

蘇軾は「春宵一刻値千金」を詠んだ超・有名詩人ですね。

政治では旧法派と呼ばれる派閥であり、政争に負けたので新法派に流罪されます。

政権が変わった後、旧法派リーダーの司馬光に招かれて復帰するのですが

「新法でも良いところは取り入れましょうよ」

と言ってまた反感を買い、煙たがられすぐ地方に飛ばされちゃう人。

保身とかあんまり考えない。挫折が多いというか、人生山あり谷ありという言葉が似あう。

僻地に飛ばされてもフグやライチの詩を詠んでみたり、「東坡肉」を作ったり。

順境なときだけでなく逆境でも楽しみが見つけられる人です。

62歳で赦されて、海南島(今は行楽地ですが当時は最果て)から戻る途中で詠んだ歌、

杳杳天低鶻沒處、青山一髮是中原。

(天が下がりハヤブサが没するぐらい遠い、かすかに見える髪一筋の青い山、これこそ中原だ!)

すごく喜んだにもかかわらず、結局都を目前にして病で亡くなります。。。

展覧会では蘇軾が米芾のもとから携え帰った「紫金研」という名硯について

米芾がやっぱり返してほしい、なんて書いた交友がわかる手紙が出てます。

その隣が元代

◆趙 孟頫、この人は宋の王室(趙家)の出身でいながら、元(異民族国家)に

仕えたということで、同時代、後世も、無節操、裏切り者と誹りを受けた人です。

藤田東湖は書を臨書していて二朝に仕えた人であると知った途端破り捨てた

という逸話まであるほど。

でもこの人が元に仕えたおかげで宋の文化は守られて、様々なものが継承

されたということで近年再評価されています。

友人に宛てた手紙には、「辞めることは許されないし、いつも南(南宋のある方角)

を望むとふと涙があふれ出てしまうのだ」と、複雑な心境を吐露しています。

色々大変だったのでしょうね。

王義之の書に倣い、時には超えるとされる素晴らしい楷書は、異民族国家

に仕えながらもきちんと宋の文化、伝統を守ろう、という強い意思が

垣間見える感じです。


いろいろ想像しながらめぐると、楽しいけどやたら時間がかかるのが難点です。

日本の書も空海をはじめ、三筆や三蹟、良寛や一休など色々出てました。

一々感想を書くとキリがないためこの辺で。
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2016_05_22




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。