長谷寺ぼたんまつり2

Category: 奈良   Tags: ぼたんまつり  

ぼたんまつり期間中に、長谷寺にお参りするのは実は初めて。

せっかくの名刹も、人がおおぜい集まると思うと、億劫でなかなか足を運ぶ気がしません。

今年は何故ぼたんまつりの時期に行ったのかというと、やはりぼたんの供養という面があります。

生きているうちは、お花見なんてのんびり行楽を楽しむことはほとんどなく、慌ただしく犬生を駆け抜けてしまいました。

せめてもの縁に。

空のどこかで眺めていてくれたらいいな。

botan05022.jpg

<ぼたんのイメージはやはりピンク色かな~>

botan05028.jpg

<クラッシックな朱色も綺麗ですが、カメラで再現するのが難しい色です>

botan05041.jpg

ひっそり連れてきたぼたん。


 
botan05042.jpg

藤もそろそろ見頃です。

fuzi0502.jpg

山吹も綺麗

yamabuki05021.jpg

珍しい御衣黄桜

gkousakura.jpg

新緑の中の塔もまぶしい

gozyuunotou0502.jpg


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 写真日記    ジャンル : 日記
 2011_05_07


Comments

 

牡丹、いろんな色があってきれいですね。
お花って生きている力を感じます。
ぼたんちゃん、きっと喜んでますねi-228
輝くような笑顔でキラキラしてたぼたんちゃんを
忘れることはありません。
きっとお空でもぼたんちゃんは笑っているんだろうなと思います。
悲しみや自責の念は消えないけれど…私もこれから
いろんなところに連れて行ってあげたいなと思います。
気持ちは通じていると思ってi-179
ナナ姉  URL   2011-05-11 17:17  

 

ナナ姉さん>

何度も書きかけて、途中まで書いては書き直ししたり、考え込んでいる間に消えてしまったり、ということが続いてます。
なかなか上手くかけないわ。
ぼたんのこと覚えていてくれてありがとう。
短い間だったのに、忘れないでいてくれるなんてうれしいです。
お花やお寺を見ていると、なんとなく落ち着きますよね。
境内で見ている人も、それぞれの想いで眺めてらっしゃるんでしょうね。きっと。
悲しみも色んな感情も辛いけど、良い想い出もあるからどの感情も大切にしたいと思います。
どこかでつながっていてくれると嬉しいけど、遠くにたとえ行ったとしても、出会えることが出来た縁に感謝しています。
せれまま  URL   2011-05-15 11:21  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.