シニア犬とアジリティー

Category: アジリティ   Tags: 月ヶ瀬,桜  

セレナは今年の誕生日がくれば11歳になるシニア犬だ。

中型犬で換算しても還暦、大型犬で換算すれば古稀をとうに超えてしまうという年齢だ。

なるべく激しい運動は慎もうと思う。

が、働かない犬生なんてセレナには何の意味もないのだ。

DSC00031.jpg


(他にもダンスやボール投げ、様々な食べ物の発掘、ハトやカラスの見張り、など色々しているのに)

一時期は隠遁か(病気か)、と思うほど冷めた表情で諦念を浮かべ、開け放してあるケージで丸まってばかりいたセレナ。

だが2月のJKCの大会にセレナを出してから後、セレナは変わった。

若いときと同じように尻尾はくるりと巻き上がり、生き生きした表情で上を見上げるようになった。

(一時期は俯いてあるいてばかりだったから、病気かとおもったほどだ)

このごろは「引退」も「病気」の文字も頭から消えたらしい。

昨日もダイナのお供に、アジ錬に付き添わせると、「ギャンギャン」と車で騒いでいる。

「私もやらせろ!」ということらしい。

 
やる気満々のセレナを二度のコース設定で走らせることにした。

幸いなことに、年齢的にはシニアだけど、まだまだ遊びたい犬のために、スクールにはシニアクラスがある。

コースを二走だけするお手軽なものだ。

普段は45センチにバーをセットしてもらうのだが、走りにくそうなので先日は55センチに上げた。

それでも1本も落とさなかったし、飛び方に不自然さは無かったので、一昨日は65センチに高さを上げた。

最初数本は飛び位置が普段を合わず落としたものの、二走目は一度も落とさなかった。

終ってからも二走は全然物足りないらしく、車のケージに戻そうとすると、扉の前で後ろ足を踏ん張り、お尻を外に突き出して抵抗していた。

まだまだセレナは頑張りたいらしい。他のどの競技よりもアジは血を熱くさせるのだ。

===

GWに大阪で2日間大会がある。

ダイちゃんは今までの経過を見る限り、JPかAGのどちらかは失格(またはいずれも失格)する可能性が高い。

きっとまたお金はドブに捨てるも同然になるであろう。

ダイちゃんの代になってから、どれぐらい審査員に楽をさせ、大会の時間短縮に貢献したかわからない。

主な理由としては、ダイちゃんのような犬を扱うには練習量が絶対的に足りないのがわかっている。

これはパパと私がダブルハンドラーで、どちらも月1、2回ぐらいづつしか練習しないからだ。

だから申込をするかどうか、締切ぎりぎりまで迷っていた。



そこでセレナを出すことにした。

少なくともセレナはまず間違いなく完走するだろう。

私はコースを最後まで走れるので大会にお金を出しても、満足感は得られる。

またセレナは仕事をした充実感で、1ヶ月は機嫌よく日常生活を送るだろう。

双方ともメリットがある。

ただこれほどの年齢の犬だけに、動物愛護精神のゆたかな誰かから「可哀想だ」と背後から謗りを受けそうだ。

特に悪く見えなくても、我慢強いBCは何もいわないので、常に故障の可能性は頭に入れなければならない。

でもしょんぼりと沈み、何もやる気なさげで所在なくぼんやりしているBCなんて、とても見れたものではない。

悩んだ末、大阪の大会にセレナを出すこと決めた(一応ダイちゃんも万に一つの可能性を信じて出しておいた)

BCたちは一体何時になったら、のんびり縁側で休むことを良しとするのだろう?

それとも人と一緒でこれも個々の性格によるものなのだろうか
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 奈良    ジャンル : 地域情報
 2011_04_19


Comments

 

個性でしょうね
我が家のロックは1歳ですでに隠居爺でしたから
ドイツでも散歩のときは全力で走りますが、それ以外はこれでもかというくらい眠りこけてます
セレもダイちゃんもがんばれ!
ロック父  URL   2011-04-20 06:09  

 

セレナちゃんが元気だ!ってことが、私は嬉しいです!
犬は、心で動く、と、ずっとずっと思ってきましたが、気持ちの在り様がこんなにも大事なんだってことを改めて教えてもらいました。

セレナちゃんとダイちゃんと、楽しんで来てください\(^o^)/
もも母  URL   2011-04-20 07:11  

 

セレナちゃん、ぼたんちゃんの夭折から立ち直ったんでしょうか。良かった。
私はセレナちゃんの気持ちが分かるような。(笑)
(年とって万が一こけても何もしないよりはまし。)
スズまま  URL   2011-04-20 08:06  

 

ロック父>

きっとドイツの公園は広々して、犬ものびのび走れるのでしょうね。
一度はそういう環境を体験させてあげたいなぁ。
ゆったりお家で寛ぐのなら良いんだけど、セレナの場合は明らかに鬱病の一歩手前?という感じで、散歩ですら、ずっとうな垂れたままの頃もありましたから。
今はまたモチベーションが上がったようで、どちらも元気に過ごしてます。
せれまま  URL   2011-04-20 23:06  

 

もも母>

そうですね。人も犬も心身とも充実してるのが一番です。
犬は心で動くかぁ、良い言葉ですよね。
セレナの元気の素はアジリティー、それも皆が見ている中、緊張感を持って走る、というのが良いみたい。
練習では、大会ほど気分は高揚しないみたいなんです。
これは私自身の気分の持ちようもあるのかなぁ。
大会の時のほうが人もテンション高いから、その辺を察するのかなあ?
せれまま  URL   2011-04-20 23:18  

 

こんばんは~

セレナちゃんの甲状腺の値、よかったですね

物言わぬwansはもしかしたら人以上にいろいろと感じているのかもしれませんね
賢いセレナちゃん、愛しい我が子の喪失感は相当なものだったのでは・・・

でも私も昨年末3年ぶりにアジの競技会に参加させていただきましたが、あの緊張感というかドキドキ感がセレナちゃん大好きなのでしょうね(多分ハンドラーも?)
ぼたんちゃんもママ!がんばってと応援しているのでしょうね
GWの大阪、楽しく頑張ってくださいね

東京から応援しています
まちコ&U子  URL   2011-04-20 23:29  

 

スズまま>

ぼたんのことは、どのぐらい覚えているのかなぁ。
生んだ子たちの区別はつくので、皆に何かと世話焼きしようとしますが、仔犬たち(今はもう立派な大人犬)ちょっぴり迷惑そうかな(苦笑)

そうですね。セレナの動きは今はゆっくりだけど、そのほうがセーフティーですもの。
この年になって、ようやくハンドラーも犬も、失敗とかを怖れず、やりたいことが出来るようになりましたね。
「心の欲するところをおこなえども規はこえず」ということかな。
何もしない穏やかな日々より、セレナは怪我の危険があっても、生涯現役が良いみたいです。
せれまま  URL   2011-04-21 00:09  

 

せれぽんの引退の時期は多分せれぽん自身が決めるのだと思います。

今はまだまだいけてるのだから、彼女に委せるのが得策かと思います。

無理せずに動ければ、それが良いのではないでしょうか?
アーロン卿  URL   2011-04-21 21:49  

 

まちコ&U子 さん>

こんばんは。
本当何もなくて良かったです。
ご心配おかけしました。

そうですね。セレナはぼたんを大事にしていましたから、やはり喪の期間が必要だったのかも。
犬にも大事な他の誰かを悼む気持ちがありそうな気がします。

今は少しだけ、元気になったかな。
セレナは目立ちたがりなワンなので、人目が沢山あったほうがより、張り切るのです。
私の気持ちの反映も多少あるでしょうけど、他の犬はあまり注目されると実力が出ない子もいるので、やはり性格なんだろうなぁ。

ぼたん、どこかで見てくれてるかなぁ。
夢の中にも全然現れないから、もうどこかで必要としている誰かのもとに行ってしまったかも・・・
せれまま  URL   2011-04-23 00:24  

 

アーロン卿>

そうですね。人も犬もいろいろですものね。
こちらが勝手に「シニアだから、もう引退」なんて決めつけはダメなのかもしれません。
出来る限り、体調に気を配りながら、楽しみが長く続けられるようにするべきなんでしょうね。

昔、オーストラリアのトレーナーに会う機会があって「普通どのぐらいまでアジリティーって出来るのでしょうか?」と質問したことがあるの。
トレーナーはセレナを撫でながら「この子がしたいと思う間はずっと出来るわよ」と答えが返ってきたことがあるのを思い出しました。
せれまま  URL   2011-04-23 00:52  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.