スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


旧鴻池邸表屋(みやけ)

Category: 食事処   Tags: 旧鴻池邸  

うらうらに照れる春日にひばり上がり~(家持)

久しぶりに春らしい陽気の日となりました。

咲き始めたばかりの桜(多分里桜?)を撮りながら、ゆるゆるお散歩をしていると、犬仲間と合流。

IMG_0024.jpg


IMG_0135.jpg


IMG_0108.jpg


日曜日に旧鴻池邸で「さくらコンサート」があるから、行かないか?」と誘ってくれました。

大塩平八郎の乱で焼かれたと言われる大阪船場の豪商、旧鴻池邸。

鴻池本宅は、全盛期に、今橋通りに間口三六間、蔵数二十余棟の大店として偉容を誇ったそう。

焼き打ちの後も再建され「つい最近まで一部二階建て六百坪の邸宅が千坪の敷地に保存され、江戸時代の面影を伝えてきた」
(『毎日新聞』八一年四月一三日)



規模は縮小され、建物は近代化されたのですが、それは近所、思いっきり住宅街のド真ん中に移築されているのです。

残念ながらさくらコンサートはご一緒出来なかったのですが、どのぐらい桜が咲いているか、皆でちょっと見に行ってみることに。

IMG_00633.jpg

(犬は残念ながら入れないので、家に置いてきました)

 
大塩平八郎の事件、日本史の教科書に載ってましたよね(私もうろおぼえ)

利ばかりを求めて、窮乏している庶民の生活を顧みず、米の買い占めを図っていた豪商に対して、同士を募り天誅を加えるべく武装蜂起したという、近代史を語る上ではおおごとな事件です。

このとき大塩一党は、北船場で当時豪商であった鴻池屋を襲い、大砲や火矢を放ちました。

鴻池邸は家屋の相当部分が焼け落ち、7割が焼失しました。

移築された家屋にもかなり古い焼失前の材木も使われているようです(どこかわかりませんでしたが)

今は300坪の敷地しかないらしいけど立派なアプローチ

IMG_00663.jpg

かつてはこのようなのれんがかかってたのかな?

IMG_00671.jpg

中庭側から見た建物(和菓子屋さんの店舗です)

IMG_0091.jpg

窓ガラスの使い方が贅沢で、いかにも豪商という感じ

IMG_00773.jpg

中は今は甘味処になってます

IMG_0084.jpg


住宅街の中に忽然としてあります(土地勘がないとたどりつけなさそう)

IMG_00623.jpg

燈篭は復刻版なんだろうか?

IMG_0095.jpg


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 奈良    ジャンル : 地域情報
 2011_03_28


Comments

お久しぶりです 

お久しぶりです・・・
もう桜の季節なんですよね・・・
大震災後なんだか気分が落ち込んでしまって
ブログもお休みしています・・・
大阪城公園もそろそろですよね・・・
気分転換にいって見ようかな・・・っと
思ってます・・・。
てん&かいママ  URL   2011-03-30 17:36  

 

てん&かいママ>

こんばんは。
人の思いや営みに関係なく、自然はめぐってきていますね。
何となく気が沈んでしまうのわかるような気がします。
日々メディアやネットで大変な毎日を過ごす人々を見ていると、安全なところに居る自分が居心地悪く感じたり、良いのだろうか?という焦燥感のようなものとか、何も出来ない自分に無力感を覚えますよね。
でも桜を見てきれいだな、と思う心の潤いはきっと大事だと思いますよ。
大阪城公園の桜が気持ちをなぐさめてくれますように。
せれまま  URL   2011-03-30 23:55  

 管理者にだけ表示を許可する
<<入社式 | BLOG TOP |  旅上>>


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。