スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


日曜日の脱走劇


風ほどよく、春めいた日。

土手をぶらぶらと散歩する。

道行く人も軽装だ。

IMG_0052.jpg


IMG_0057.jpg

春草は足の短き犬に萌ゆ 草田男

IMG_0065.jpg


 

足の短い犬と花の組み合わせはなかなか難しい。

座らせながら、カメラのアングルを変えたり、周囲をうろうろしていると大抵犬たちの顔は険しくなってゆく。

かわりに地面に近い草花類は入れやすいのだけど。

IMG_0067.jpg


IMG_0066.jpg

春じゃなくても、パパにべったりの万咲

IMG_0072.jpg

カップルか、というぐらい。

牡犬の方が絶対甘えたな犬が私の周囲には多いような気がする。

少なくともうちの家では万が一番べったり。

===

万咲はこの写真を撮った後、少し離れた駐車場にある車に戻そうとしたら、隙をついて逃げ出した。

車が行き交う道路へ向かって一散に駆けてゆく万咲。

一瞬頭が白くなった。

10年来犬を飼っているが「脱走する犬」というのは正直初めてに近い体験だ。

その道を挟んで土手の向こう側にいるパパのところに戻りたいのだろう。

「危ない」という意識は万にはない。

ただパパに会いたい一心なのだ。



万咲の足は以外に速い(実はダイちゃんよりも速い)

あっと言う間に視界から遠ざかろうとした。。。



追って追いつくものではないが、逃してなるものか。

「こおぉら~っ!!」と一喝。

万はパパは大好きだけど、私は怖いので、その場で凍りついたようになっている。

ゆっくり先回りして万の行く手を遮り、もう一回「喝」

万咲は来たときと同じぐらいの速さで車の影に慌てて駆け戻った。

地面に這いつくばって小さくなっている万のリードを踏み、呆気なく御用。

脱走劇は30秒もしないうちに終わりを告げた。



危ないところだった。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 犬との生活    ジャンル : ペット
 2011_03_06


Comments

 

> 「脱走する犬」というのは正直初めて
ボク、ベテラン。

> 30秒もしないうちに
ダッソウトハイワンカモ。
 URL   2011-03-07 16:43  

 

父>

厳密には初めてではなかったかもしれない。
10年以上昔、一度千夏が、夜間ふらふらと蛇行しながら走る自転車を公園で見て、パニックを起こしたことがある。
リードを降りきって、首輪抜けし脱兎のごとく走り去った。
途中で正気に戻ったらしく焼き肉店の店先に座って居るのを、手分けして探していた散歩仲間が発見。連れて来てくれた。

千夏が意図したパニックを起こしたわけではないから私の中の定義では「脱走」とはカウントしてない。
けど、万咲は車に戻るの嫌さにその場から遁走したから、やっぱりちょっと許せない。
呼び戻しだけはきっちり、がわが家の信条だったのに、時間の長短はともかくガックシだわ。
他の人や車を巻き込まず事故が起きなかったのは幸いだったけどね。
せれまま  URL   2011-03-08 23:53  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。