スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


華麗なる舞楽、その楽しむコツ教えます

Category: 奈良  

奈良検定体験実施セミナーより

ご当地検定である奈良検定1年に1回、ほとんど記念行事と化しており、1級には何時になったら、合格できるのかわかりません。
が、受験の必須である体験セミナーは普通のツアーではちょっと経験できないものが多く楽しいものです。

今年は舞楽鑑賞を選ぶことに。

nasori_9898.jpg


近頃は歴女なんて言葉も流行るほど、仏像はちょっとしたブームになっており、遷都1300年にも当たる今年はイベントも多く今まで見なかったようなタイプの人たちは沢山寺社を訪ね歩いていて大層びっくりする。

体験実施セミナーも仏像鑑賞するものも幾つか用意されているが、皆が皆、騒ぎたてる人気ツアーは何となく面白くない。

その点、舞楽なんて、大きなお寺の法要でぐらいしか見る機会がない。

歌舞伎や能に比べてさらに縁遠い存在だ。

それを楽しく解説してくれるというのだからありがたいじゃないか、ということで行ってきました。
 
舞楽は奈良では春と秋に春日大社御苑で奉納舞いがあり、遠くから(有料で無い席)眺めたことはある。

雅楽の演奏にのって、ゆったり舞う舞楽は正直なんだかわけがわからない代物というイメージが強い。

源氏物語なんか読むと光源氏が紅葉の賀で舞った「青海波」が美しくて、御簾越しに見た女房が騒ぐシーンなどがあり、昔の人には娯楽だったのだろうという想像はつく。

見方を教えてもらえれば、当時の女房たちほどは無理でも少しは楽しめるかもしれない。

ちょっとぐらいわかりたいと願うのは。

奈良は12月になると平安時代より続くというという「春日若宮おん祭」という大きなお祭りがある。

870年一度も途絶えることなく続いているという屈指の神事である。

京都の時代祭のように派手ではないが、古式ゆかしい装束を身につけて練り歩くお渡り式や、古典芸能の数々が奉納されるお旅所祭など結構見どころが多いイベントだ。

ぼんやり眺めるだけでもそれなりに古代ロマンを感じることはできるが、少しは意味を理解したいものと思ったからだ。

春日若宮おん祭りについては詳しくは春日大社のHPや観光協会などで。

=======

セミナーは春日大社の共生館という屋内ホールで。

奈良検定のセミナーで受講した人も居たけど、一般公募もしてたので、セミナー参加者は立ち見も出るほどの盛況ぶり。台風到来もなんのその、という感じで歴史熱の高まりを感じました。

今奈良は遷都1300年祭で記念行事がどっさりありますが、もともと舞楽奉納というのは奈良の大仏開眼法要をきっかけに始まったものだとか。

開眼法要ではそれぞれの国の民が様々な楽器で演奏を行い、それは新しもの好きだった人々を大いに魅了したらしい。

正倉院展で今年展示されている五弦の琵琶なんかもそうだが、それらの新しい楽器やメロディーを日本古来の曲や舞いにミックスして出来たのが雅楽であり舞楽だそう。

いかにも和、Japanというイメージだったが、雅楽そのものを演奏する楽器は遠く世界各地からシルクロードにのって運ばれてきたもの。

舞はも左方と右方の舞いに分かれている。
左方は日本から見て向かって左手側の国の音楽(唐、インド、中東など)、右方は右手側で朝鮮半島やモンゴルあたりの国ということになります。国際色豊かでびっくり。

左方は唐楽、右方は高麗楽と呼ばれ、番で演奏されます。

今回披露されたのは右方の「納曾利」、左方の「蘭陵王」と番舞(つがいまい)の関係にある舞曲です。

舞楽の中では走舞と呼ばれ勇猛な仮面を付け、桴や鉾を持ち、活発な動きで舞う勇壮な舞。

2頭の龍が戯れる様を表すということで2人で舞うことが多いそうだけど、奈良(南都楽所)は一人で舞うこととなっています。

nasori_9890.jpg


nasori_9897.jpg


唐楽の代表選手が「蘭陵王」とすれば、高麗楽の最先鋒にはこの「納曾利」が挙げられると言われます。

顎が外れる竜?の仮面をつけ、緑、青を基調にした衣装を着て、銀色のベルト、銀の得物「持ち物」を持ちます。

反対に「蘭陵王」は赤、黄色をベースにした衣装を着て金の得物を持ちます。

<「蘭陵王」の着物、蘭陵王は南北朝の北斎の王様でカッコ良すぎたので、仮面で怖い顔を作って戦ったという故事から来ているそう>

ranryou_9880.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 奈良    ジャンル : 地域情報
 2010_11_01


Comments

 

奈良検定はセミナーがあって良いですね~。
セミナーだけ受けてもなんか得した気分になりそう。

セミナーというアイディアも素敵だと思います。


宮城マスター検定1級は今年は年末にあるのですが、全然受験対策していません・・・

アーロン卿  URL   2010-11-01 20:04  

 

アーロン卿>

そう!このセミナーが楽しいのです。
ポピュラーな観光地から、レアな場所まで、普段は入れないところや、興味対象外の思ってもみないものが用意されているのが面白い。
セミナー自身は旅行会社が共催するものを除けば、大体1,000~3,000と割安なもの。
だから人によっては3つ、4つと時間の許す限り沢山参加する人も多いです。

ハイ私も記念受験と化しているので、全く勉強の方はしていません。
たまに本屋に出向いたとき、それらしい本は手にとってみたりしますが、肝心の公式テキストを読むと10分もしない間に睡魔におそわれます。
せれまま  URL   2010-11-03 12:28  

 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。