ラン・ラン・ピアノリサイタル

Category: 日記  

ランランは中国出身のピアニスト。

北京オリンピック開会式で弾いており、中国では触発されてピアノのお稽古をする人が

増えたとも言われます。

13歳で仙台市で開かれたコンクールで優勝したりと、日本ともかかわりが深い人です。

(満州民族ということで外観もよく似ている。。)

今回のプログラムは、チャイコフスキーの四季(1~12)&ショパンのスケルツォ1~4番

そういえば大昔、楽譜を渡されたこともあったな~(チャイコフスキー、6番舟歌)

なんて懐かしく思い出しながら出かけてきました。

fes20161208.jpg
<フェスティバルホール>

tea20161204 (1)

チャイコフスキーは自分が音源として渡された人の演奏とは全然違います。

今まで聴いたことのあるどの演奏とも違う。

弾き方も違うし、音質も違う、レガートがスタッカートだったり強弱が違ったり、間が異なったり

とにかく他の人とは違う、独自の演奏なのです。

こういう弾き方もあるんだ、という感じでしょうか。

ショパンのスケルツォはさすがに圧倒されるような演奏でした。

あの真っ黒な楽譜が~、易々楽々です。


ランランといえば、のだめカンタービレのピアノ吹き替えを引き受けたことでも有名です。

本当によく筋書と演奏が、どの箇所をとってもぴたりとマッチしているのです。

モーツアルトのトルコ行進曲の演奏は最初聴いたとき目が??となりました。

自分が弾いていた楽譜と違うような?

こんな音があったかな?すごく速い、すごく響く。メリハリすごい。

違和感を半端なく持ったのですが、原作には音が多い、速い、創作、やり過ぎと書き込み

されているので、わざとそのように弾いてるわけですね。

モーツアルトの二台のピアノのための~ではピアノ1とピアノ2どちらも自分で弾いて録音

したのだそう。分けて録音とは思えないすごい正確さです。

ランランの演奏を聴くと、今までこんな曲、と思ってきた曲が全く違うことがあるという点で

衝撃を受けます。

演奏家にオリジナリティーはあるべきですから、何がこうでなければならない、という決めつけ

は良くありません。。

でもすぐに帰り他の人の演奏との違いを確かめたい気分に駆られることも確かです。

(好き嫌いが分かれそう)

ランランは演奏会の後、必ずサイン会を行うそうで、会場には長蛇の列が伸びていました。

CDなどを買った人が対象だそうですが、楽譜などをもって並んでる人もいたので別に

構わないのでしょう。

サイン入りの楽譜というのは励みになりそうで良いですよね。。

自分が小さいときにもこういう機会があったら良かったのにな~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2016_12_10


Comments

 

セレナはもう16歳になったんだっけ??
確かClipと2週間程度しか離れてなかったような・・・
Clipは12/22。
父  URL   2016-12-10 11:46  

 

父>

こんばんは。せれぽんは15歳です。
来週15日で16歳。Clipちゃんとはちょうど1週間違いですね。
ここ数日続けて発作を起こしていて傍らで見てるだけなのはなかなか辛いです。。
せれまま  URL   2016-12-10 23:23  

 

> 数日続けて発作
つらいねぇ。
お大事に。

お互い、ようがんばって長生きしてると思うよ。
褒めてやらなね。
父  URL   2016-12-11 04:51  

 

父>

うんうん、ありがとう。
Clipちゃんもセレナも本当に親孝行というか飼い主孝行というか。
お互い色々乗り越えて今あるのだろうと思います。
せれまま  URL   2016-12-11 22:37  

 管理者にだけ表示を許可する


02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.