セレナと失神3

Category: 健康   Tags: 失神  

少し前、朝方大きな発作を起こし、朝起きると、周囲に尿がプールみたいに広がってました。

横倒しになってて、なかなか立ち上がることが出来ず、壁に身体を寄せるようにして何とか立ち上がり、よろよろ歩いてました。

呼びかければきちんと反応はあるし、こちらへ歩いてこようという意志はあるのに体がついてこないのです。

また心臓病が悪化したんだな~、と思い循環器を専門とする先生に診てもらいました。

近頃獣医さんにも専門分野があり、近所の病院は人の病院と同じように、どの分野が得意かHPできちんと紹介されています。

bara201405263


セレナは僧房弁膜不全は、心エコーでは2度ぐらいと言われていましたが、2度だとこれほど長い失神発作は起きないのだそうです。

神経疾患の可能性を否定できないので、一度脳神経を専門とする病院で、造影MRIを撮ることを薦められました。

そちらの脳神経腫瘍などを否定できれば、ステロイドなどもっと思い切った治療が出来るということでした(と言っても脳炎などを起こしていても結局ステロイド頼みになるようですが)

そのMRI、お値段は10万(セレナは大型犬カウント)なのだそう、腰椎穿刺などのオプションをつければさらに1万5千円ぐらい跳ね上がります。

正直「高い!」

近頃脳ドッグでするMRIなどでマイクロサイズの腫瘍が見つかることは珍しくありません。

最近では開頭しなくても経鼻的内視鏡で手術が出来ちゃったり、薬の内服だけで済むということもあります。

犬の場合は脳神経外科での内視鏡技術はそこまで進んでいないのでまず開頭手術です。

MRIをする前にもし腫瘍を見つけた後どうするのか、という問題がまずあります。
 
全身麻酔下で行われるため、腎臓が悪かったりするとMRIそのものが適応にならないため、比較的にコンディションの良い今撮ることが今後の治療方針を決めるのに重要なのだそう。

セレナ自身の血液検査所見ははっきり言って健康そのもので、年齢を考慮すれば超優良児なのです。

なのに何故大きな失神発作を起こすのか、全く不明なんですよね。

人なら他にCNSループスとか高安動脈炎とか、側頭動脈炎などと言った、自己免疫で炎症が起きる、膠原病系の疾患があって失神を起こすことがごく稀にあります。

今度失神したら動画を撮っておいてください、と言われてますが、冷静に撮れるかどうかわかりません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2014_05_31


Comments

 

原因が分からないと不安、でも分かってもそれで?と言う可能性もあり、検査は迷いますね。
スズまま  URL   2014-06-01 13:18  

 

スズまま>

そうなんですよ、治療のための診断なら、多少高くってもと思うのですが。
もしどうしようもないということがわかったらどうするの?
もしくは検査しても、それでもわからなかったら、どこまで調べるの?
所詮飼い主の自己満足になるのかな~とか思うとなかなか検査同意書に署名できません。
せれまま  URL   2014-06-03 22:38  

 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.