もし入院したら・・・色々用意

Category: 病院   Tags: 入院  準備  

病気が安定しているうちは1か月に1回というように、定期的に通院してます。

が不安定な今は診察前の検査で今一つパッとしない数字が並ぶと、通院間隔が狭まったり、薬が増量・追加されたりします。

そしてそのあとに必ず添えられる言葉。

「〇〇が△数字が超えたら、〇〇という症状が出たら、〇〇の副作用が出たら、△が下回ったら、〇が下がらなければ、その時は外来で無理だから入院ね」

と言われています(外来治療には、かなり沢山条件がつけられている)

だから部屋には入院グッズを入れたカバンを用意しています。

以前緊急入院で、自分に必要なものを家族に持ってきてもらうのが大変だったからです。

tanbo140129
<昨日、今日は少し寒さが緩んでいますね>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑よければ押していってね
 
入院となると色々何かと必要なものです。

計画手術や検査、生活習慣指導のための入院、などある程度予定がわかっているときは準備できます。

外来診察で突然言い渡されたら、手許にはせいぜいお財布程度しか持っていません。

となると頼るのは真っ先に家族、です。入院生活が長くなると友人、知人もそうです。

近い病院ならまだしも、大学病院なんて大概遠い場所にあるので、来てもらうだけでも大変なのに、荷物まで運んでもらうとなるとやはり申し訳なく思います。

必要最小限なものは下着くらいですが、病棟着だけだと暗い気分になるのでパジャマとか、時間をつぶすためのもの、本とかCDとか…

(ちなみにPCやスマホ、携帯などは、電子機器やペースメーカーに影響を与える場合があるため、禁止のとこが多い)

病室には神経質な人もいるので、電気をつけたり、テレビをつけるのもなかなか気を遣うのです。

検査入院はともかく、長い入院生活で一番苦しめられたのは「退屈・閑」でした。

tubaki20140129

それより、まあとりあえず、病人として必要なのは小銭とか(大きなお金は病室に置けません)、尿瓶とか(疾患によって)、防水シーツとか(ベッドでの介助などに必要)

もちろん病院の購買で買えますが、揃えておけば安心というものです。

ま、こうしておけば逆に案外使わないで済むんじゃないかという思いもあります。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2014_01_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.