京都冬の旅 聖護院

Category: 京都   Tags: 聖護院  京都冬の旅  

「京都の冬」というのは、底冷えして観光に不向きなシーズンと言われてました。

が、そこは観光都市京都、冬の間も、しっかり集客できるよう様々な企画を用意しています。

その1つが「京都冬の旅」と命名されたキャンペーン。

「この時期だけの特別公開!」の寺院や寺宝、体験プログラムが沢山用意されていて観光客を惹きつけるのです。

さて20年ぶりに「京都冬の旅」で「特別公開」となった「聖護院」。

syogoin0120

「聖護院」と聞いてすぐ連想するのは「八つ橋」と「聖護院かぶら」。

「蕪」は千枚漬けなどに使われる丸い大きな蕪ですね。

「八つ橋」はお土産でもらったことのない人の方が少ないでしょう。

「おたべ」「夕子」「聖」などの商品名で駅の売店などに山積みされている三角形の平べったいお菓子です。

他に大根とかきゅうりなど、「聖護院」地名の名前にもつブランド野菜があります。

この野菜から連想できるよう昔は郊外地にあり、聖護院は別名「森の御殿」と呼ばれてました。

syogoin01201


が今は傍らに京大病院や平安神宮があり、賑やかな街中にあるお寺さんです。

その京都の街中の境内に「山伏姿の人が居る」のです(聖護院は修験宗の総本山)

そのミスマッチ感が、何ともミステリアスじゃないですか!

通常は予約拝観なのですが、この期間内は突然訪ねてもOK。

ということで行ってきました~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よければ押してってね
 
建物の中は撮影禁止のため、お見せできないのは残念なんですが、玄関を上がってすぐの部屋は狩野派の豪華な襖絵に囲まれています。

奥のショーケースには等身大の山伏マネキンと、籠に入った巨大ほら貝、錫杖などの山伏必須アイテムが並び、鴨居上には「熊野御幸」と言って歴代の法皇や天皇が熊野詣出をしたときの行列の絵がずら~っと一面に並びます。

襖絵以外の壁面には山上が岳(大峯山)の荒行、奥駆や年中行事の様子が展示、小さいですが本地仏(熊野三山)三体も安置されてます。

どこに焦点を当てるかは人によりそうだけど、何やらお部屋いっぱい見るもの「てんこもり」の印象を受けます。

syogoin1207

宸殿は小さいですが上段の間があります。仮御所にも2回なっているため南面し一番良い場所です。

とはいえ御座所の大半は明治時代に仏間に変えられてしまったそうです。

前の庭は簡素ですが、綺麗に白砂を市松模様に盛り上げてあり、手入れの大変さが忍ばれます。。。

syogoin01204
<宸殿の前の庭>

宸殿の豪奢な襖絵は狩野派の絵師と丸山応挙も筆をふるったそうです。花鳥図が多いのですが、水墨画もあります。

画題は「太公望の図」と説明を受けたものの、釣りをしている様子はなく、畑や菊があり出迎えの人の様子を見ると陶潜の「帰去来の辞」っぽいです。

手前の方は「竹林の七賢」?でしょうか?その方が全体で辻褄があいそう。

保存状態、彩色はよく、見応え十分です。

宸殿仏間には役行者像が前鬼後鬼と祀られており、京都の寺院では珍しい気がします。

その隣はお不動さん(複数)と蔵王権現です。逗子の前立は孔雀明王と軍荼利明王かな?

明王同士とはいえ珍しい組み合わせです。

なお、こちらのお寺のご本尊の不動明王(重文)は宸殿左向の本堂に安置されており、護摩壇がしつらえられているため天井は真っ黒。

syogoin01203


特別拝観中は開いてますが、お厨子は通常閉じているそうです(護摩をガンガン焚くならそうしないとダメでしょうね)

宸殿のお隣は後水尾天皇から下賜された書院です。

さすが「修学院離宮」造営者だけあり、細部までこだわりがいっぱい。

全体的には書院造なのですが、少し崩した数寄屋造に近い仕上がり。

絢爛な襖絵、違い棚、筬欄間(おさらんま)、釘隠、戸袋、長押、細部まで目配りされた意匠は、曼殊院と似ています。

本堂を出て廻廊をまわった向こう側はお寺さんのプライベートスペースとなっており、禅寺風の坪庭もちょこっとあります。

syogoin01205


聖護院のご朱印。不動明王の梵字が堂々としていてカッコイイです。

表に出ると「聖護院八つ橋」の看板が。

525円というリーズナブルな価格で手に入るので、お土産にぜひどうぞ。

syogoin01202


お昼は近所に「河道屋」さんがあって、こちらも風情のある京都情緒に満ちた建物で、美味しいお蕎麦がいただけます。

kawamitiya0120
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 京都・奈良    ジャンル : 旅行
 2013_01_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.