スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


真如堂(真正極楽寺) 紅葉

Category: 京都   Tags: 真如堂  紅葉  

黒谷さん(金戒光明寺)の境内を抜け、紅葉や塔頭寺院を見ながら人の流れにのって歩いてゆくと、間もなく真如堂に行き当たります。

sandou11241.jpg

<栄摂院>

通称真如堂は正式には「真正極楽寺」と言い、戒山上人が、一条天皇の母、東三条院詮子の離宮の一宇に、阿弥陀如来を安置したのが始まり。

詮子が夢のお告げを得て堂宇を建立したことから、仏縁に縁があるありがたい霊地として鈴声山「真正極楽寺」という寺名となりました。

女性の発願によることからか女性に縁のあるお寺。

ご本尊の阿弥陀如来は「頷きの阿弥陀」とも呼ばれており、最初は慈覚大師が白毫を入れようとして「比叡山で修行者を守護して下され」と祈ると首を横に振って拒まれました。
では「都に下ってすべての人、特に女性をお救い下され」と祈ると頷いた、という伝説があります。

また現在地は応仁の乱以降遷った場所だが、少し離れた場所には元真如堂(換骨堂)が残っており、そちらは尼僧さんが住職を務める尼寺。

sinnnyo11238.jpg

sinnyo11231.jpg

sinnnyo11237.jpg

「紅葉の真如堂」とも言われるほど、紅葉の美しい場所だが、とてもゆっくり鑑賞している余裕はなく本堂へ移動。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑良ければ押してね
 
全く瀧のような雨で先週同様ついていないことだ。

sinnyo1123.jpg

無料の境内は人がひしめいているが、本堂は以外と人気がなく、のんびりすることができた。

厨子は閉じられており、中には本尊の阿弥陀如来、阿倍晴明の念持仏と伝わる不動明王、伝教大師(最澄)作と伝わる千手観音がある。十夜法要のとき開扉されるそうですが、なかなか見る機会はなさそうですね。

sinnyo11235.jpg
<東山を借景にしている>

sinnyo11236.jpg
<重森千青氏設計の「隨縁の庭」>

2010年というごく最近デザインされたもの。

sinnyo11232.jpg

sinnyo11234.jpg

東三条院、藤原詮子さんといえば、兼家と時姫の娘で、円融帝の御后で、一条天皇の母であり、藤原三兄弟(道隆・道兼・道長)をまた冷泉天皇女御超子と同母の兄弟にあたります。

兼家の死後は事実上、摂関家の女主となった詮子さんの権力は絶大なもので、藤原実資さんあたりからは『小右記』で「国母専横だ」なんて陰口を叩かれていますが、実に強く賢い女性で「この世をば・・・」なんて道長が歌を詠めたのは、すべて彼女のおかげ。

彼女の次々打った手が当たったからこそ、藤原氏は栄華を極めることが出来たともいえるほど。

目配りの利く彼女は、道隆の娘で夭逝した皇后定子を母にもつ内親王を手許に引き取って慈しんいたと言われています。

晩年と言ってもまだまだ若い四十代で世を去ることになりましたが、藤原家繁栄のためささげた人生でした。

面白そうな方なので、どなたか小説にでも書いてくれないかなぁ?
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 京都・奈良    ジャンル : 旅行
 2012_11_24


Comments

No title 

綺麗ですねえ、やはり周りの風景や雰囲気が良いと余計に紅葉が映えますね。
スズまま  URL   2012-11-24 11:29  

No title 

スズまま>

絵になる風景で思わず見惚れちゃいます。
惜しむらくはこの土砂降りの雨ですね。
シトシトと降るぐらいなら風情があるのですが、足元がずぶ濡れになると、風情に浸る余裕もなくなります。
せれまま  URL   2012-11-26 22:52  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。