スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


第64回正倉院展

Category: 奈良   Tags: 正倉院展  

毎年30万近い人々で賑わう「正倉院展」

1300年近く昔の品々が今日なお伝わる不思議に惹かれ、遠方からも多くの人が訪れます。

今年は10月27日から11月12日まで。

定休日を利用し早速出かけてきました。

syosouin1031.jpg

相変わらずすごい行列。最初10時過ぎにゆくと90分待ちだったため一旦諦めて、3時半に再挑戦。

syosouin1030.jpg

近くでは興福寺の北円堂や、仮金堂が特別開扉中。

houendou1031.jpg

北円堂は運慶晩年の作である弥勒菩薩、肖像彫刻で有名な「無著、世親菩薩の像」があります。

普段なかなか見れないので何だか得した気分。

東大寺と各ミュージアム、手向山八幡を回って、夕方過ぎに再トライ。

syosoin1101.jpg

相変わらず混んでる様子でしたが、今度は思ったよりも待ち時間が少なくて入れてラッキー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑良ければ押してね




 
ところが中が満員電車状態で、バンバンと他の人やカバンがぶつかってくる。

正倉院展は混雑を緩和するためか、特に意中の品物は部屋の真ん中付近にガラスケースで陳列されます。

それらを見る人は順番通りに回りたい人、割り込みたい人、押し寄せる人、その場を離れる人、自由に行動する人が部屋を縦横無尽に交じり合い、何とも無秩序な動きとなっています。

syosoin1031.jpg

この迦陵頻伽(かりょうびんが)の模様がついた螺鈿紫檀の琵琶は人気が高く、周辺はバーゲン会場のタイムセールよりひどかった。

迦陵頻伽は半身が人で、下半身が鳥の仏教における想像上の生物で、極楽浄土に住むとされます。

とても美しい声をしていることから、仏の声を形容したり、非常に美しい声の女性を讃える言葉にも使わます。

珍しい意匠で、京都では大徳寺塔頭、妙心寺三門、東福寺三門などにも描かれた絵があるそうだけど見たことはありません。

何とか泳ぐように近くまで近づき、意匠を確認。とはいえぐいぐい押しのけられてアッという間の時間でしたが。

それでも真近いところで見れてラッキー、思わず栞も購入。ステンドグラス細工で可愛い♪


「瑠璃杯」が18年ぶりに出品されているが、それを間近で見たい人は行列に並ばなければなりません。

2列目からで良ければ、すぐ見れますが、照明の光の具合からかコバルトの青があまり綺麗に映えないのが残念です。

時間がある人は並ばれることをお勧めします。


今年は双六盤 木画紫檀双六局(もくがしたんのすごろくきょく)」をはじめとしてガラス製の美しいコマ「双六子(すごろくし)」や、精密な作りのサイコロ「双六頭(すごろくとう)」など双六遊びに使う用品が沢山出品されています。

双六のコマはガラス製の綺麗な石も多くて宝石みたいですが、随分数が足りないみたい。

「きっと無断拝借した輩が沢山いるのだろうな」なんて考えてしまいました。

NHK大河ドラマの「平清盛」では頻繁に双六遊びをしている画面が出てくるので、奈良時代の天皇や御后も側近と遊んだのかもしれないですね。

syosouin10314.gif
<正倉院展に行くと、ついつい何かしらお土産をかってしまう>携帯などはると象嵌や螺鈿の細工ものに見えるという正倉院オリジナルシール、450円>

syosoin10310.jpg

<受付で売られているお抹茶(お菓子付)の券で庭園も見ることが出来る 500円>

syosoin10312.jpg

ミュージアムの経営するカフェも大人気。

syosouin10310.jpg

外では正倉院展限定お弁当も売っています(夕方には売り切れていたので欲しい方はお早目に)
関連記事
スポンサーサイト
 2012_11_01


Comments

No title 

やはりすごい人なんですね。
こういうときは皇室の人になりたい。(笑)
スズまま  URL   2012-11-01 19:56  

No title 

スズまま>

そうですね。
特別展の多くは開催前に特別招待者だけが入場できる機会が用意されてるので、VIP扱いは無理でもいつかそういう券が回ってこないかな~。
せれまま  URL   2012-11-02 21:53  

 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。