熊野速玉大社 新宮市

Category: 旅行   Tags: 世界遺産  熊野  熊野速玉大社  

熊野は「みくまの」とも呼ばれ、巨石や瀧などに神が宿るとする自然信仰と、仏教の浄土信仰が結びついた「修験道」の聖地としてあまりにも有名です。

kumano1020.jpg

熊野は「黄泉の国」「死者の国」とよく言われますが、「小栗判官物語」に象徴されるように「再生の地」でもあります(小栗判官は一度死んだ小栗が、湯の峰温泉のつぼ湯!で蘇生するという、びっくりな物語)

太古の昔、神倉山の天磐楯と呼ばれる「ゴトビキ岩」に「結神」「速玉神」「家津御子神」の三神が降臨しました。暫くその地におられたものの、「家津御子神」(結神(夫須美神)と速玉神の御子神)が、その地を出て熊野川河口を遡り、本宮に鎮座。

結神と速玉神は、神倉山を出て、現在の速玉大社に遷りました。よって元いた場所を「元宮」あるいは「古宮」、ここを「新宮」と呼ぶことになったのだそう。平安時代初期まで二神は速玉大社でご一緒だったのですが、結神が那智大社に遷り、三山となりました。

さて熊野の三神は「熊野権現」と呼ばれます。

「権現」さんとは「仮に現われる」の意味。
神様は人の目ではそのお姿を直接見ることが叶いませんが、そこで仏に姿を変えて、我々の住む俗世界に現われるという日本独特の思想です(本地垂迹説)

奈良時代末頃には、熊野速玉大神は衆生の苦しみ、病気を癒す薬師如来として過去世の救済し、御后の熊野夫須美大神は現世利益を授ける千手観音菩薩、家津美御子大神は来世浄土へ導く阿弥陀如来として位置づけられました。

三山はどこをどのように参拝するという決まり事はないのですが、それぞれ「過去」「現在」「未来」を象徴しているため、過去世・現世・来世にわたって救済してもらうため三山を回ることが重要だとされました。

奈良から吉野山中を抜け、新宮へ至った私たちは、新宮駅から車で5分(歩いても15分ぐらい)の熊野速玉大社から回ることにしました。

hayatama1019.jpg

ちょうど拝殿では結婚式の最中でした。

hayatama10198.jpg

皆さすがにジャランジャランと鈴を鳴らすのは憚られる厳かな雰囲気で、背後からしばし鑑賞。

夫婦の神を祀る速玉大社なら、婚姻の誓約を交わし、人生の晴れの門出とする場所にぴったりかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑良ければ押していってね。
 
<熊野速玉大社>

主神 熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)、十二柱の神々を併祀

拝殿の奥に第一本社、第二本社があり、一の宮(結宮)には夫須美大神(いざなみのみこと)が祀られ、二の宮に熊野速玉大神(いざなぎのみこと)が祀られます。

隣にお子神たちを祀る十二社の宮がずらりと並びます。
実際のところ境内にはお稲荷さんなど他から勧請した神々もあり、もっと沢山の神様がいらっしゃるようです。

ちなみに天照大御神はここでは第四殿「若宮」に祀られています。

hayatama10192.jpg

境内には歴代御幸した天皇の記録が記されています。後白河上皇は、なんと33回もお参りしています。
余程思うところがあったのでしょうか。

hayatama10194.jpg

参道の途中には天然記念物ナギの大木があります。ナギは熊野権現の象徴、道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとなっていたのだとか。

hayatama10191.jpg

またナギの木の葉の切れにくく、二つ並んで実を結ぶことから、夫婦円満・縁結びのご利益があるとのことです。

hayatama10195.jpg

hayatama10196.jpg

また熊野牛王(くまのごおう)は熊野権現にゆかりある烏を絵文字化した護符で、戦国時代からその形を変えることなく伝わります。
熊野速玉大社の牛王は、四十八の烏文字で描かれているところから、よとやの神咒(かじり)とも言います。
速玉大神の衆生を救わんとする願いが一羽一羽の烏に込められているのだとか。

hayatama10193.jpg

この熊野牛王とナギの葉をいただくことが、熊野詣を無事果たす支えであり、目的であったとも言われます。

ナギの巨木は樹齢800年だそうですが藤原定家が訪ねた時代にはもう有名だったらしく歌を残しています、

「千早ふる 熊野の宮のなぎの葉を 変わらぬ千代のためしにぞ折る」
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 国内、史跡・名勝巡り    ジャンル : 旅行
 2012_10_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.