セレナと腫れ物

Category: 健康   Tags: 脂肪腫  

セレナの胸には6歳ぐらいのころから、腫れ物があります。

最初それに気づいたのは、ドッグショーの審査員でした。

ドッグショーには触診といって、体のバランスやコンディションを確認する審査があります。

私ですら全然気づかなかったのに、審査員はささ~っと触っただけで「胸のあたりに小さなシコリがありますね」

とあっさり言ってのけたのです。

sere09301.jpg

うそ~!っとばかりに撫でまわしたものの、やはりよくわかりませんでした。

審査員曰く指先ほどの大きさとのこと。

乳腺腫かもしれない。。。と青くなって病院で連れてゆきました。

病院で「この辺りぐらいにあるらしいんです!」と申し立てし、獣医さんの触診でも見つかりました。

「形状から見る限り、良性じゃないんでしょうか」という見立てでしたが、念のため生検を依頼しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑良ければ押してね



 
生検は「針生検」と言って、直接腫れ物に注射器(穿刺吸引針)を刺して、細胞(組織)を採取するというもの。

めちゃくちゃ痛くて、人がやるときはもちろん局所麻酔をかけてもらいます。

その麻酔液ですら沁みて、それだけで泣きそうな痛さなのですが。。。

獣医さんは、いきなりブスッとセレナに生検針を刺しこみました。

セレナもまた、ワクチン接種ですか?ぐらいの顔でケロッとしてます。

生検用の穿刺針は普通の針より太いのですが(細胞が幾つも採取できるように)痛覚が違うのでしょうか?

IMG_1940-1.jpg

細胞診したところ「脂肪腫であろう」という判断だったため、経過観察となりました。

その脂肪腫は年々大きくなり、今では子供のコブシ大ぐらいのサイズになりました。

念のため、年に一度生検しており、今のところ脂肪腫以外の要素は見つかったことはありません。

とはいえ、どんどん腫れ物が加速度的に目立つようになり「これで良いのだろうか?」と思うように。

ネットで得た知識だと「脂肪腫」は放置も可能ですが、あまり大きくなると生活に支障が出るため切除したほうが良いとも書かれています。

セレナの年も年だし、切除するなら少しでも若いほうが。。。と思い腫瘍を専門にする先生に尋ねてみることに。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ♪ボーダーコリー♪    ジャンル : ペット
 2012_10_02


Comments

No title 

良性でもあまり大きいと生活に不便ですね。
手術も心配だし、何とかうまく収まりますように。
スズまま  URL   2012-10-03 07:45  

悩みますね・・・ 

お久しぶりです・・・。
セレナちゃんそうだったんですね・・・
あまりにも大きくなると確かに
支障出てくることもあるんでしょうね。
でも年齢的に心配なのもわかるし
複雑です・・・。
てん&かいママ  URL   2012-10-07 00:56  

No title 

スズまま>

セレナでなく自身の怪我(指をちょっと痛めた)で返事が遅れてごめんなさい。
腫瘍は良性で、切除するかどうかは本当飼い主の都合だそうで。。。
こういう説明をされると、どうにも判断に迷ってしまうのです。
せれまま  URL   2012-10-07 11:09  

No title 

てん&かいママ>

御無沙汰です。
セレナは然程気にしていないように見えるのですが、どんどん大きくなるもので、ちょっと不安なんですよね。
良性とはいえ、余分なものをしょっていることに変わりはないし、見た目的にコブ付きって痛々しいんですよね。
本当悩みどころです。
せれまま  URL   2012-10-07 11:16  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.