スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


桂離宮 夏2

Category: 京都   Tags: 桂離宮  

桂離宮の造営は1579年、八条宮家初代智仁親王により、始まりました。

智仁親王は一時期豊臣秀吉の養子に迎えられており、実子鶴丸誕生により縁組は解消されたのですが、秀吉は八条宮家を創設して、三千石の知行に奉じました。

豊臣家との関わりは、のちのち徳川家から忌避され、兄後陽成天皇が立った後、この経歴のため歴史の表舞台に立つことはありませんでした。

親王は古典文学への造詣が深く、教養と趣味、美意識を結集して造営したのが「桂離宮」です。

藤原道長の山荘「桂家」をモデルにしたとされる源氏物語・松風の巻に出てくる「桂の院」での王朝人の雅な遊びへの憧憬が、大きな動機となったのではないかと言われています。

親王の没後は子の智忠親王により、今に近い形に整えられました。

katu08162.jpg

源氏物語、六条院に模せられ庭は「春夏秋冬」が割り当てられています。

katu08163.jpg
<笑意軒>

katu08164.jpg

↑<笑意軒内部>↓

katura081410.jpg

室内装飾、中の間腰壁には真ん中にひし形の金箔をはり、左右の市松模様はビロードが用いられています。非常に斬新。襖の引手は櫂型、これも独創的。

季節の割り当ては「夏」。

建物は農家風で、窓の向こうには青々した水田風景が広がります(現在、田は買い上げられており、耕作してもらっているそう)

茅葺き寄棟造りの家は民家風だが、狩野尚信の水墨画、6つの下地窓、庇も深いとても凝った建物。

扁額は智忠親王、兄の曼殊院門跡の手によります。建物の名前は李白の「一枝漏春僅笑意」(一枝から春の気配が伝わり、思わず笑みがこぼてしまう)から。

かつては詩にあわせて梅と桜が植えられていたそうですが今はありません(詩の題意からは春でも良さそう)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

↑よければ押してもらえると嬉しいです
 
katura08146.jpg

<松琴亭>

冬の建物にあたり4つの茶室の中で最も有名。初代智仁親王の造営とされ、「松風入琴」の詩もあるそう。

katu08168.jpg

八窓囲、八窓席とされる松琴亭の茶室。天井は竹竿で縁取った平天井。台目構えには皮付きの中柱を建てている。

ちょっとだけ残っている小枝はアクセントだけでなく茶入れの袋を掛けるため使われたそう。

katu08169.jpg

katu0816.jpg

<園林堂>

苑内で唯一、本瓦葺、唐破風の建物。智忠親王の持仏堂。

書院と土橋

katu08165.jpg

<書院は橋を挟んで園林堂と向かい合う形になっている>

<月波楼>
katu081610.jpg
月波楼から松琴亭を見たところ

katu08167.jpg

一の間にある水屋。縁先に腰かけて、月を眺めながら、または梅を愛でながら談笑したとされます。

手前には大きな炉があります。

katura08150.jpg

月波楼絵馬、南蛮船が描かれていたそうですが、吹きっさらしの場に掲げられていたため図柄は見えない。

天井は舟形天井。全面に葭簀を張り、丸竹で押さえ、皮付き丸太を棟木に。数寄屋建築の粋です。

===

参観を終えて

案内人、申込み時間によると思うのですが、私が参加したグループは20人を越える程度。多くはありません。

katura08157.jpg


11時からの参観だったため、お昼の12時まで終わらせる必要があったのか相当駆け足。終りの方は、9時から参観していたグループのしんがりの人の姿が見えたほどでした。

真夏の盛り、それも正午で暑さもピークな上、お年を召した方も多かったから、そういう配慮になったのかもしれませんが、正直手前のグループを見ながら釈然としないものを感じたのも事実。

そうそう簡単に来れる場所じゃないだけに、じっくり鑑賞したいもの。

納得ゆく鑑賞をするなら朝9時1番を狙うか、3時の夕方を狙うのが良いのかもしれません。

(写真も照り返しのきつい正午より、朝夕の方がたぶん綺麗だと思います)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 京都・奈良    ジャンル : 旅行
 2012_08_16


Comments

 

せれままさん^^
こんにちは~
先日は、六道珍皇寺で頂ける特別な御朱印のこと、詳しく教えて頂き有難うございました。メモメモ
次回は是非ゲットしたいと思いますぅ。

さて、桂離宮に行かれたんですね~
素敵~^0^
別天地なんだろうなぁ~
こういう所でゆっくりと、一日まったり過ごしたいものですね。ふふふ




ゴン太ママ  URL   2012-08-17 17:36  

 

ゴン太ママ さん>

こんばんは。
桂離宮でゆっ~くり時を過ごしたいものですが、残念ながら結構バタバタと慌ただしいのです。
大体60分~90分ぐらいの参観です。
真夏は暑すぎてか、先日はさらに短く50分を切るぐらいだったかも。
ぼけ~っとするなら私は修学院が良いです。
桂離宮は何もかも行き届きすぎていて、緩みがないというのか、ちょっとばかり落ち着かないんですよ(苦笑)
せれまま  URL   2012-08-19 00:24  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。