夜話 嵯峨野にて

Category: 京都   Tags: 野宮神社  

夏真っ盛り、寺社仏閣めぐりをするにはもっとも辛いシーズンです。

下手に歩き回ると、暑気あたりどころか、熱中症になり人の手を煩わせそうな気がします。

というわけで、時節柄、この時期テレビなどを賑わせる怪奇スポットの体験談を話しましょう。

kasihara07297.jpg

お金はなく暇だけあった学生時代、盛り上がった拍子に、怪奇スポット見物に行くことがしばしばありました。

一人で訪ねる度胸はありませんが、グループとなるとそういうバカバカしいことも面白く思えるから不思議です。

そして僧侶や神職の卵たちが、グループに加わることもありました。

もちろん小説や漫画のように「いざというときに役立つから」なんて理由ではありません。

彼らも郷里に帰れば、きちんと修練したりお勤めするそうですが、故郷を離れ下宿生活してる間はタダの人でした。

さて、嵯峨野には「野宮神社」という、それほど大きくはないのですが、恋する乙女たちには有名な神社があります。

saga08034.jpg

「恋愛成就」の霊験あらたかとされていますが、それと共に付近を含め「出る」ということで名高い神社でした。

先輩が中国短期留学から帰り、その無事を祝して(理由なんて何でも良いのです)、下宿に溜まって飲食していたところ、話が「中国の幽霊、キョンシーと日本の幽霊の違い」、というようなことが話題になり、どこをどうなったのか、その場の勢いでなんとなく「出ると言われる野宮神社に丑三つ時に行って確認してみよう!」という流れになりました。

なぜ野宮神社かというと、先輩の下宿は嵯峨野が竹林近くにあり、「暗くても迷うことはないよ!」と先輩の断言があったからです。

saga08039.jpg


踏切のところに出るとされる幽霊話が有名ですが、

ssaga08038.jpg

それより斎王の衣装で出るとされる幽霊があり、斎王の衣装ってどんなの?

というような興味から来たんだろうと思います(今は斎王博物館なんてものがあり、衣装も着せてもらえるそうですが)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

 
野宮神社は昔、伊勢神宮へ赴く斎王が精進潔斎し、身を清めたとされる神社。

斎王になり伊勢神宮に入ると、その後の一生は神様と共にあることになり、たとえ天皇が代替わりして、斎王を辞しても幸せな結婚なんてありえません。

国史を勉強していた先輩の一人は、きっと世を儚んだり、辛くて絶望した斎王もいるはずだろう、そういう幽霊ならもし見えたらうれしいじゃないか(学問上)ということだったと思います。

saga08035.jpg
<恋愛など縁がなかったであろう、斎王が住む神社が、現在はパワースポットとされます>


時計を見ながら、南京のタネ(中国土産)をつまみ、龍井茶(土産)を飲みながら、歩ける程度酒気を抜くことに。

丑三つ時が迫ってきて、いよいよ準備をしようか、というときに一人がトイレに立ちました。

なかなか戻ってきません。

そのうち、南京のタネも尽きたため、今度は干し杏子や、落花生などがふるまわれ、つまみながら話を続けました。

で、一人が戻ってくるころ、また一人がトイレに立ってしまいました。輪の中にいたうちの一人は寝てしまい、気が付くとまた一人がトイレに立ち、私もなんだかお腹の具合が微妙になってきました。

saga08031.jpg


順番にトイレに行ってる間に、丑三つ時は過ぎてしまい、曙光は差さないまでも、周囲はほの明るくなってきました。

結局寝てしまった数名をのぞき、4時ごろだったでしょうか。

皆で、早朝嵯峨野の散歩に出かけました。朝靄の中に霞む野宮神社や広沢の池は、幻想的で陰影が霞んで見えました。

saga08036.jpg


saga08037.jpg

曙光が少しづつさしこみ、靄が晴れて、建物の陰影が現れるさまは、なかなか感動ものでした。。

saga080310.jpg

喋り疲れて無言になった私たちが早朝参拝していると、門前を清める僧侶や、神職の方が声をかけてくれました。

さぞ熱心な信者にでも写ったのかもしれません

神社の境内で「肝試し」に近いことをしようとしていたとは思わないんだろうなぁ。

そのとき見た早朝の洗われたような嵯峨野、嵐山の風景は今も記憶に残るほどの絶景でした。

===

今思えば皆がトイレに行ったのは何の不思議もなくカボチャの種と、龍井茶のとりすぎでしょう。

体に悪そうなものでないからと言って、暴飲暴食は慎みたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2012_08_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.