スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


さんすくみ 

Category: 日記   Tags: さんすくみ  

「さんすくみ」という漫画をご存じですか?

神社・お寺・教会の跡取り息子3人を主役にして、現場で巻き起こる日常の騒動を描いたほのぼの、ゆる系の宗教法人コメディです。

聖職者とされる神社、お寺、教会などのお仕事に対しての世間の認識と、ごく普通の若者の言動と意識、このずれが笑いを呼ぶようです。

さんすくみ 1 (フラワーコミックスアルファ)さんすくみ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/11/10)
絹田 村子

商品詳細を見る


舞台はご存じの人も多いかもしれませんが「奈良」なんですよね。

主人公の相澤 恭太郎(宮司の息子)の神社は「永室神社」と言います。たぶん氷室神社からとったんでしょう。

himuro0715.jpg


背景に書き込まれる道から見た鳥居の様子などそっくりです。

境内には頻繁に鹿(神鹿)がやってきます。

sika0715.jpg


漫画の背景には奈良市の中心部から郊外が書き込まれ、見てると楽しい。

住職の息子、伊波 孝仁は「九誉寺」の跡継ぎ。語感を考えると「九品寺」からとったのかな?

建物の雰囲気はよく似てます。たぶん浄土宗っぽいし。

kuhon0715.jpg

牧師の息子は「秋日野教会」です。「秋日野」は「春日野」をもじったと思われるのですが、モデル不明。

3人が出会ったのは私立の男子校「薫習寺学園」で、山の中という設定ですからたぶん「東大寺学園」でしょう。

という具合に、あちこち想像しながら読むのも楽しいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

↑よければ押してね
 

現在彼らは牧師の息子以外は家業を継いでいます。(牧師の息子は大学院在籍中、建物は同志社大っぽい)

帯のキャッチコピーが「聖職者たちの知られざる日常とは?」だったりします。

こういうのを見ると、宗教関係の人っていまだに、隔たりがあるんでしょうかね~と思ったりします。

私は京都の大学(京都大学ではない)に行ってたせいか、友人がお寺さんや神職さんということはままありました(教会関係者はいませんでした。多分近所の同志社大学に行ってしまうのでしょう)

大学の掲示板には、お寺関係のバイトが(神社も)常に張り出してあり、ド素人の私でもイベント関係で法要の裏方とか、受付に出かけることはよくありました。

daitoku071412.jpg

宗教関係のバイトは背景(霊園だったり墓地が見える)や設定(アクセスが大抵悪い)さえ、気にしなければ、
普通のバイトと変わらず、塾の臨時講師に行ったり、本屋でバイトするのと同じような感覚で出かけてました。

京都のお寺さんの場合は、大体近世に出来た建物だから、仏さんを安置する内陣より、人が暮らす外陣の方が広い。仏さんを安置するお堂は時代が新しくなるにつれ、仏様のものから、人が快適に過ごせる建物へ変化するのです。大乱で建造物の多くが壊れた京都では、お堂ですら畳敷きのところが多く、板の間は少ない。

つまり居住性は悪くないのですね。庭も凝ってるし、建造物も興味ぶかい。それに法要は春と秋が多く、季節的に厳しくない。

バイト内容はお茶や弁当などの接待から、霊園の受付、案内などですが、基本建物の中に居て座ってられるから楽でした。不便な場所で行われるため、たいていタクシー代込、お弁当つき。

時々法要で使われた「散華」や「お菓子」などお土産を渡されることもあります。

一応、お守りがわりということでポケット般若心経ぐらいは持ってましたけどね。

というような学生時代の話を職場でしてると、ギョッとされることが多い。

日本人の多くは仏教徒だから、いつかはお墓の世話になるのになぁ。

daitoku071411.jpg


daitoku07146.jpg


写真は大学近所にあったお寺。拝観不可の場所などに入れるのも楽しみの1つです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 京都・奈良    ジャンル : 旅行
 2012_07_16


Comments

 

面白そうな漫画ですね、
でもちなっちさんのバイトの方が面白そう。
奈良ならではの仕事ですね。
スズまま  URL   2012-07-16 08:28  

 

スズまま>

バイト今ならもっと楽しめるかもしれないんだけど。
学生のときは割合淡々と行ってましたね。
割の良い日雇いぐらいの感覚かも。
この時期だと祇園祭のヘルプでしょうが、暑すぎて出かけたことありません。という具合に貴重な経験よりも、むしろ楽さが選択の基準だったでしょうね

せれまま  URL   2012-07-17 07:56  

 

おもしろそうな漫画ですね。


「仏さんを安置する内陣より、人が暮らす外陣の方が広い。仏さんを安置するお堂は時代が新しくなるにつれ、仏様のものから、人が快適に過ごせる建物へ変化するのです」
私が奈良ほど京都にのめりこまないのは↑の
理由なんです。
ポコmom  URL   2012-07-17 14:12  

 

ポコmom さん>

奈良のお寺も京都のお寺も私は好きです。
学生時代の友人や先輩は、今はあちこちに散らばってしまってお家を継いだ人もいれば、家業と関係ないとこへ行った人も沢山います。
思わぬところで再会したりするんですよ。
そういうのも楽しくて回るのかもしれませんね。
せれまま  URL   2012-07-17 21:55  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。