スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


三室戸寺 宇治市

Category: 京都   Tags: 三室戸寺  浮舟  

四季折々の花の名所であり、西国三十三か所観音霊場10番札所として有名な「三室戸寺」。

この時期になると「行ってみたい紫陽花の名所」として必ず様々なメディアに紹介されます。

訪ねてみたい関西のアジサイの名所ランキング(H23.6.5 朝日新聞)

 1位  矢田寺(奈良県大和郡山市)

 2位  三室戸寺(京都府宇治市)

 3位  神戸市立森林植物園(神戸市北区)

 4位  長谷寺(奈良県桜井市)

 4位  三千院(京都市左京区)



HPを見ていると、見ごろの様子。少しだけ足を延ばしてみました。

mimuro0620.jpg

mimuro06205.jpg

とにかく人・人・人。駐車場へ入れるために大渋滞が出来ており、駐車するのにまず一苦労。

mimuro06201.jpg

紫陽花園「与楽園」はさすがに圧巻、見応えのあるものですが、どんどん人の波が押し寄せてきます。

mimuro06203.jpg

お堂の前も長蛇の列が伸びています。

mimuro06204.jpg

現世における極楽浄土現出における熱意は相当なものだと感心。

三室戸寺は光仁天皇の発願によるとされ、源氏物語宇治十帖では「浮舟」が横川の僧都に拾われたあと、手習いをしたところ、とされています。

そのため御朱印は観音霊場である「大悲閣」、宇治十帖「浮舟」の2つ。

参道にはずら~っと宇治十帖を描いた絵巻の灯篭がならびます。

mimuro0621.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

↑良ければ押してね

 
ただし三室戸寺が現在地に移ったのは文明年間(1469年~87年)のころとされているので、源氏物語の時代にこのお寺はなかったかも。

な~んて野暮なことは言わず、源氏物語の世界に浸りましょう。

mimuro06206.jpg


歩いて5分のところに「源氏物語ミュージアム」があり、カフェ「花散里」もあって存分に浸ることができます。

宇治十帖の主人公の一人「浮舟」は名前の通り、人に、運命に、流されつづけ、翻弄され放題の人生です。

後見人の「薫」は片思いだった「大君」(浮舟の異母姉)の面影を映しているから、という理由で引き取ったものの、ほとんど足は運ばず都の外れに匿っている間に、親友の「匂の宮」に掠めとられちゃいます。

人に盗られてから、慌てて館の警備を強化したりしてますが、他にも女一ノ宮とか気を惹かれる相手もいるし、結婚したばかりの正妻の女二ノ宮もいる。もちろん匂の宮の正妻になってしまった「大君」の同母姉妹の「中の君」も忘れられません。

と真に心定まらぬ男なのです。

浮舟はなりゆきとはいえ契りを結んでしまった「匂の宮」、今一つ頼りない「薫」二人の貴公子のあてにならない心を頼らざるを得ないわが身を嘆いて、入水自殺しちゃいます。

浮舟が宇治川に身投げしたものの、結局救われ、その知らせを受け取った薫が「(私の元に)どうか戻ってきませんか?」と使いに異母弟の「小君」を立て手紙を送ります。

浮舟はそれに一切答えず、使いにもあわず、さっさと出家してしまい、源氏物語はそのまま終わってしまうのです。

mimuro06208.jpg

大団円にもならず、何も解決せず、誰もが悩みを抱えたまま終わるため後世沢山続編もどきが作られたようです。

mimuro06207.jpg

また宇治十帖が、それまでの源氏物語と言葉の使い方や表現、雰囲気が変わるため、他の作家説などもあります。

とはいえ11世紀にこんな大作があるなんて、本当すごいですよね。

mimuro06209.jpg

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 花の京都    ジャンル : 地域情報
 2012_06_21


Comments

 

綺麗だし雰囲気がありますね。
あじさいは野原にあるより木下にひっそり(ここの場合盛大ですが)あるのが好みです。
お寺との相性もぴったり。
行ってみたいところです。
スズまま  URL   2012-06-22 10:00  

お久しぶりです・・・。 

アジサイ綺麗ですね~
今はよく見るけど
赤色のアジサイって昔ありました・・・?
始めてみたときびっくりしたの覚えてます。v-405
てん&かいママ  URL   2012-06-22 22:49  

 

スズまま>

あじさい、このあたりの寺は、大体ドバッと派手にあります。
TVで先日関東の紫陽花名所を紹介していたけど、そちらも美しくいつか行ってみたいものだと思いました。
せれまま  URL   2012-06-23 23:38  

 

てん&かいママ>

御無沙汰です。
ここでは見なかったのですが、矢田寺のあじさい園には、舞子さんが簪でつけるような小ぶりサイズの手毬紫陽花があって、花によってはルビー色のなの(今回は時期尚早だったけど)

滝谷菖蒲園(いろんな花を栽培してる花の名所)に行くと、紫陽花の苗を売ってるのですが、売店を覗きこむと本当様々な種類があります。
西洋紫陽花との混合で、いろんなパターンが増えたのかもしれないですね。
せれまま  URL   2012-06-23 23:46  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。