松尾寺 バラ園

Category: 奈良   Tags: 松尾寺  バラ    

日本最古の厄除霊場とされる大和郡山市の松尾寺。

matuo05262.jpg


開基は天武天皇の皇子「舎人親王」で、養老2年(718年)に42歳の厄除けと、「日本書紀」編纂の完成を祈願して建立したと伝えられます。

本堂背後には磐座(いわくら)があり、この大岩を巡って、西国三十三所松尾山石仏観音(ミニ霊場)があります。

matuo05265.jpg

境内にはバラ園があり、バラの名所としても知られています。

バラの種類は80種、500株。バラを愛した先代住職が昭和27年から境内で栽培を始め、昭和59年から毎年一般公開を実施。「できるだけ自然のまま」を心がけて造られたものだとか。

ところが境駐車場側にある山門から入ると本堂から寺務所の前までは数十鉢ぐらいしか並んでません。

matuo05263.jpg


「花畑ってここなの?」と首を傾げながら探し回る羽目に。

matuo05264.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

↑ポンと押してもらえると嬉しいです。

 
matuo052612.jpg

「お花畑」(バラ園)に行くには本堂に行く階段を上らず、山門の左側にある坂道を上ってゆきます。

matuo05266.jpg

新緑の眩しい林間からバラの芳香が漂ってきて本堂の裏手(一見民家風)にあるバラ園へ自然と導かれます。

住職さんの家や庭にお邪魔しているような感じ。

matuo05268.jpg

少し暑い日ということもあり、大ぶりの花はちょっと元気がなかったのが残念。

行くなら朝早くか夕方涼しくなってからが狙い目かも。

ちなみに松尾寺は、境内の拝観料は必要ありません(お堂は必要)

平日なら訪れる人もあまり多くはないので、じっくりバラを愛でたい人には良いかもしれません。

matuo05269.jpg

matuo052610.jpg


拝観は七福神堂のみ入りました。

matuo0526.jpg


中央に祀られているのは1m弱の木造大黒天立像。

漆黒で烏帽子・袴姿で右手の拳を腰に当てて、左手で大きな袋を左肩に背負ってこちらを睨みつけています。

福福しさ、ニコヤカさはカケラもありません。

大黒天は密教では「マハー・カーラ」と呼ばれ、シヴァ神の化身。

“マハー”とは大(もしくは偉大なる)、“カーラ”とは時あるいは黒(暗黒)を意味し、大暗黒天と言われることもあるそう。名前からして怖そうですよね。

破壊・戦闘を司る神で、尸林に住み隠形・飛行(!)、血肉を喰らい、この神を祀れば加護して戦いに勝つという。

日本では名前が似ていることから、大国主と混同、習合して、室町以降は食物・財福を司る神となりました。

鎌倉時代作、とされるこちらの大黒天は勇猛果敢な戦の神を強く意識させる像で、日本三大黒のひとつとも呼ばれるそう。

薄暗いお堂で1人対面すると、威圧感や、凄みが倍増します。

脇侍は左右とも大日如来で、優しい穏やかな表情を浮かべていてちょっとホッとします。

仕切りのお隣には不動明王、片方には聖徳太子像があります。

松尾寺は法隆寺との結びつきも強く、「別院」とも呼ばれお堂から法隆寺西院伽藍へ至る参詣道があるのだとか。

薔薇園よりも、迫力のある大黒天の像が印象に残るお寺でした。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 京都・奈良    ジャンル : 旅行
 2012_05_27


Comments

 

この松尾寺さんにはイケメン大黒天がおいでですが
ご覧になられましたか?
mom  URL   2012-05-27 20:55  

 

momさん>

凛々しいお姿なんですが、眼光が鋭くて、薄暗いお堂で見てるとちょっと怖かったです。
確かに願掛けしたら霊験あらたかそうにも見えましたが。
奈良では小嶋寺の大黒天さんが大和七福になっているのですが、イメージの落差が激しいです。
せれまま  URL   2012-05-27 21:42  

 

小嶋寺の大黒天さん!?
知りませんでした。
また宿題ができちゃいました。
勉強しなくっちゃ。
ポコmom  URL   2012-05-30 14:32  

 

ポコmomさん>

小嶋寺→子嶋寺が正解です。ごめんなさい。
壺坂寺駅のすぐ傍ら、10分ぐらいのところにあるお寺です。今は小さいお寺ですが、往時は21坊を数え、京都の清水寺も支坊の1つだったとされます。
子嶋寺の大福さんは本堂に安置され、両足で2つの俵にまたがった、いかにも福々しいお姿です。
せれまま  URL   2012-05-31 22:39  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.