金剛寺 オオヤマレンゲ 五條市

Category: 奈良   Tags: 金剛寺    ぼたん  

金剛寺が、春は牡丹、秋は小菊が咲き誇る花の寺として知られています。

「関西花の寺の第二十三番」霊場。今から800年前小松内大臣、平重盛公の創建と伝えられる古刹です。

kongou0511.jpg

樹齢300年の平戸つつじ。

kongou05112.jpg

小ぶりな本堂には沢山の仏像が安置され(神様もいる)、本堂より数倍大きな大きな庫裡は珍しく茅葺き屋根。

元禄時代再建のもので、遠くから見ると立ち並ぶ民家の景色に溶け込んでしまいそう。

kongou05113.jpg

約2,000平方メートルのぼたん園は、元々漢方の薬種として植えたそうですが、何時の頃からか、沢山の花々が咲き乱れる庭園へ。

この季節は平戸つつじ、石楠花、、はなみずき、クレマチス、ジャーマンアイリスなどで賑わいます。

kongou05118.jpg

kongou05114.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

↑ポンと押してもらえると嬉しいです
 

また「天女花」と称される「オオヤマレンゲ」が街中で見れるスポットとして有名。

ooyama05112.jpg

「オオヤマレンゲ」の別名は「ミヤマレンゲ」(深山蓮華)

大峰山周辺に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることから命名されたそう。

ooyama05113.jpg

自生種は一千~二千付近の山岳地帯にありますが、平地でも案外強健らしく「特に世話らしいことはしないほうがよく育つ」とお寺の方が言ってました。

ただし金剛寺に植えられているのは「オオヤマレンゲ」の園芸種、「オオバオオヤマレンゲ」か「ウケザキオオヤマレンゲ」(ホオノキとオオヤマレンゲの交配種)のようです。

野生のものは俯き気味で楚々と咲く花のようですが、金剛寺のは堂々と太陽に花を向け堂々と咲いており、少し花ぶりが違うように思えます。

境内には数本植えられており、これから満開を迎えるそう。メロンのような果物の芳香を放つそうです。

出かけたときはまだ咲初めで、数えるほどしか咲いてなかったので、香はほとんど実感できませんでした。残念。

境内のぼたん園の見ごろはもう過ぎてましたが、「華王殿」の御朱印にふさわしく、暑さに負けず咲いているものを見つけました。

botan0511.jpg


kongou05115.jpg

沢山の種類の花が寄せ植えされ、小道をそぞろ歩くのに疲れたら奥にある縁台から見渡すことができます。

iris0511.jpg

kongou05117.jpg

なぜかうちではなかなか根付かなかった西洋オダマキ。土壌があうのだろうか?

odamaki0511.jpg

お花が好きな方は一見の価値があります。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2012_05_12


Comments

 

見たい、見たい。
本当にきれい。
スズまま  URL   2012-05-13 07:55  

 

スズまま>

スズままのようにお花をよく知っている人が見るとすごく感激するかも。
境内は牡丹などは畝に整然と植えられていますが、植物によっては英国式庭園風に一見無造作を装って植えているところあり楽しめます。
せれまま  URL   2012-05-14 22:22  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.