スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


桜本坊 吉野山 

Category: 奈良   Tags: 桜本坊  歓喜天  

中千本のバスロータりーから、金峯山寺へ緩い坂道を下ると、楼門には赤い仁王さんが厳しい表情で立っています。

dslitshonbo0501.jpg


四月の下旬となれば「中千本」あたりは新緑に覆われますが、この一角は多くの八重桜が境内に咲き誇り、辺りを桜色に染めます。

yaezakura0501.jpg


大峯山寺護持院の1つ、天武天皇と持統天皇の勅願所「桜本坊」で、天武天皇が桜の吉夢を見て建てたとされる古刹です。

桜に惹かれて境内に入ると、正面の本堂と、3つのお堂が横並びで立っており、正面に不思議な塔、朱塗りの鳥居が目立ちます。

sakura0502.jpg


お寺なのか、神社なのか、それ以外の宗教も漂うような不思議な雰囲気。

「どこかで似たような景色を見たなぁ」、と記憶を探ると生駒市の宝山寺とよく似ているのです。

ikoma05012.jpg
<宝山寺>

宝山寺は山号 生駒山(いこまさん)、真言律宗の大本山であり、役行者霊蹟札所等、沢山の霊場に指定され、年間300万の参拝客を集めるとされるお寺。特に商売をする人の信仰が篤いとされています。

なぜ似てると思ったのか。

sakurahonbo0404.jpg
<桜本坊>

密教寺院によくある宝塔と、「大根が交差した模様と、巾着袋」マーク、お寺と神社だけでなく、他の宗教も交じり合ったような感じ。


堂宇の傍らを見ると「吉野山聖天」と書かれ、閉じられた逗子には歓喜天が祀られているようでした。

sakurahonbo05011.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村



 
なるほど。確か宝山寺も別名「生駒聖天」といい、「歓喜天」という「仏法を守護する神様?」天部衆を祀っています。

現世利益の多くを叶えてくれるとされるとされ、大変人気がありますが、利益もさることながら、一方で非常に怖い神様(仏様)とされます。

また聖天様は人を選ぶといわれ、非道な人間には縁を結ばないし、勤行を一生怠ってはならず、いい加減な供養をするとかえって災いを招くともされます。

中途半端は許されないのです。

不幸ごとなどがあったときは不参籠日が認められますが、それでも最大○日まで、と厳密に決められてます。

「歓喜天」のお祀りされているお堂には紙の人型が置かれており、祈願するようになってました。

軽い気持ちや、いい加減な気持ち、迷いがあるうちは書けなさそうな雰囲気。

sakurahonbo05016.jpg

寺務所の方が話してくれたことによると、吉野聖天は、役行者さんにより勧請され、大峰々中奥深く「聖天の森」に祀られてたそうですが、より多くのかたがお参りできるようにとご遷座くださったのが「吉野山 櫻本坊」。

年に一度開帳され、10月1日午前零時に、「歓喜天本尊浴油秘法供」という秘法が行われるそう。

お参りしたい人は9月30日からお籠もりして、夜を徹して「行」を行うのだとか。

「すごく大変そうですね」と言うと「それでも沢山の方が、毎年お参りされますよ」と言って微笑んでました。

自分の力だけではどうにもならないことも沢山あるから、そういうときは神仏の力に縋りたくなるんだろうなぁ。

sakurahonbo0501.jpg

<3つのお堂は連結されており、奥に宝物殿がある>

sakurahonbo05014.jpg
<前鬼、後鬼(役行者の使役)、と役行者坐像>お寺のあちこちにある。

こちらは宿坊も兼ねており、お泊りできるそうだが、信者さんに限っているということだった。

sakurahonbo05013.jpg
<見学が終わると、「日雄殿」で、のんびり寛ぎ、ゆっくり休憩ができる、吉野山の中千本がよく見え爽快だ>

sakurahon0503.jpg


sakurahonbo0401.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2012_05_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。