吉野山 上千本

Category: 奈良   Tags: 上千本  

友人・知人の中には春になると、吉野山へ出かける人がいます(皆県外だけど)

中には春ばかりか春・夏・秋(冬をのぞく)通い詰める人もいます。

(特に寺社や歴史が好きとか、山伏修業するわけではない)

ただ山に入り、木々に囲まれ、梢を渡る風の音や鳥の囀りを聞き、空気に包まれる、それだけで良いのだそう。

中には、霞の中から桜や青い峰々が見えると「この身をこの場で投げ出しても良い」とまで感動した人もいる。

(まるで西行さんのようだ)感性が豊かな人はうらやましい。

yosino041910.jpg

空は快晴、吉野山には「見ごろ」のマークが入り、絶好のお花見日和。

8時前に家を出て、普通列車と急行を乗り継ぎ11時前になんとか吉野駅に到着。

特急券はすべて予約で満杯で、まったくとれなかった。

駅から「中千本」までローカルバスがピストン輸送している(ケーブルは下千本まで)

駅員さんの忠告通り先頭車両に乗っていたため、3本ほど見送ったあとに15分ぐらいの待ち時間で乗車に成功。

kamisenbon04191.jpg

ただその次「上千本」行はマイクロバスに乗るのだが、これがなかなか進まない。

行列はどんどん増えるばかりでバスは一向にやってこない。4台でピストン輸送と聞いたが…

kamisenbon0419.jpg

行列整理していた係員に聞くと、私の待ち位置ぐらいならバスに乗車するまで大体60分かかると言う。

え~っ。

でも登れば90分かかるから、それでも待った方が良いという。

待っている間に、金峯山寺の正午を告げる鐘がなった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

↑押してもらえると嬉しいです
 
行列はどんどん伸びてゆき、ついには行列の誘導をしていたお兄さんは、並ぼうとした人たちに「歩いたほうが早いよ」と勧めるように。

家から出て四時間経つのに、いまだ見た桜はバスの待合に生えている1本のみだ…

それでも係員の言った通り、1時間程度で何とかバスに乗り込むことができた。

そこから15分程度乗車して「上千本」へ。

上千本のバス停留所から金峯神社まで、ほんの少しの距離だ。

近いにもかかわらず、全然足が進まない。見た目より傾斜がきついのだ。

背後から杖をつきながら、私よりも30歳以上は上であろう人たちが悠々と上ってゆく。

こんなところで、弱音を吐くわけにはいかない。

konpuzinzya.jpg

<金峯神社>

saigyouan04196.jpg

<吉野山で一番多い「シロヤマザクラ」、ソメイヨシノに比べるとピンクが淡い>

kamisenbon04197.jpg

<葉と花が同時につくため、あまり好きじゃないという人もいるが、吉野山にはよく似合う>

金峯神社を参拝した後で時計を見ると1時過ぎ。時間的にあまり余裕がない。

「このまま下ろうかな」という気持ちが過ったが、今回こそ「奥千本」を目指すという宿願がある。

意を決して奥を目指して傍らの山道をたどった。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ :    ジャンル : 写真
 2012_04_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.