丹生川上神社(中社) 東吉野村

Category: 奈良   Tags: 丹生川上神社  

古来より水をつかさどる神様を祀ってきた、「丹生川上神社」には、上社・中社・下社の3つがあります。

niunaka032214.jpg


「上社」は川上村、「中社」は東吉野村、「下社」は下市町です。

位置的には中社が一番東よりで、上社が真ん中、下社が西よりとなります。

なぜ3つもあるかというと、「丹生川上神社」という神社は、応仁の乱で殆ど焼失した後、祭祀が途絶え山中にあったこともあり、行方しらずとなってしまったからです。

niunaka032215.jpg
<奈良時代には天皇、皇后の行幸は50余回に、また、祈雨止雨の奉幣祈願は100回近くに及んだとされています>

二十二社の1つにも数えられた神社が行方しらず…、というわけにはいかん!

ということで明治政府が最初、ここじゃないかな?と決めたのが当時「丹生社」であった現「下社」、丹生川の面して建っているし、場所も丹生、御神体の山も丹生山。

でも記録(寛平七年太政官符)に記されたのとあわないぞ、ということで明治末に選ばれたのが「上社」。

いやいや、それも違う、ということで大正時代に比定されたのが「中社」で、通称「蟻通神社」。

なお、丹生川上神社の上社、中社、下社の名称と神社の格とは無関係とされてます。

三つの神社の内、何れが本来の「丹生川上神社」かについてはいまだ明確ではないらしい。

一時期は中社が上社、下社の宗務所を兼ねたこともあったようですが、戦後各神社は別々の宗教法人として独立、それぞれ官幣大社「丹生川上神社」と名乗っています。

いずれも美しい川のほとりに建っており、中社は「夢淵」と呼ばれる、高見川(たかみがわ)木津川(こづかわ)四郷川の3本の川が合わさる合流点の傍らにあります。

niunaka03222.jpg

<我が行きは久にあらじ夢の回淵  瀬にはならずて淵にしあらも 大伴旅人(万葉集三三五)>

神主さんによると、去年の夏の豪雨で、土砂が堆積し川の流れが変わってしまったのだとか。

「夏ぐらいには土砂を片付けて元のように綺麗にしたいんだけどね」とおっしゃってましたが、今も綺麗です。

niunaka03226.jpg

お薦めスポットの「東の瀧(ひんがしのたき)」

niunaka0322.jpg

角度によって飛沫と日光の反射の効果か、星のような輝きが見えるのだそう。

写真を見せてもらうと確かにそのようにも、見える。

何枚か写真を撮ってみたが、今にも雨が降り出しそうな曇天だったためか、実証はできなかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

押してもらうと嬉しいです♪

 
ご祭神「罔象女神(みづはのめのかみ)」

罔象女神は伊勢神宮の天照大神とは姉妹の関係にあり、両親である伊邪奈伎、伊邪奈美の大神が具えていた神徳の内、水に関する一切の神徳を授けられたとされます。

雨乞い、止雨の祈願として、農家、水利業者の崇敬をあつめるとともに、水源地やダムの守護神としても崇敬され、電力会社、都市の水道関係からも篤く信仰されています。

<絵馬も電力会社のが一番大きい>

niunaka032212.jpg
<拝殿>
下社ほどじゃないけれど、お社まで続く階段があります(背後は小牟漏岳)

niunaka032210.jpg

境内にある縁起物等々

<叶えの大杉>
この大杉の幹に両手を当てて、心願、口唱されたら御神威が授かるそうです

niunaka03229.jpg

<丹生のなで梟>

叶え大杉にいつの頃からか住みつき、丹生の杜の夜の番人として境内を守ってます。
ふくろうは「不苦労」「福来朗」「幸福ろう」と書き物事を察知し、先を見通し知恵豊かな、しあわせをもたらす霊鳥だそう。

niunaka03228.jpg

<丹生の真名井(清めのお水)>

御本殿裏手の乎牟漏岳を分源として罔象女神(水の神)のみずみずしい秘めた力と恩恵(みめぐみ)を受けた御神水が御本殿の地下を脈々と通り、御井戸に滾々と湧き出ております

niunaka032211.jpg

お守り売り場 「うまくゆく」など語呂合わせをかけた馬のお守りの他、龍おみくじも。

niunaka03227.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2012_03_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.