スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


室生寺 雪

Category: 奈良   Tags: 室生寺  

女性にはかつて入山が許されなかった高野山。

それに対し、女性にも真言道場の門戸を開いたことにより名付けられた女人高野「室生寺」

murou02182.jpg


奈良時代、皇太子山部親王(のちの桓武天皇)の病気平癒を祈願し、興福寺の僧5人により創建されました。

山中にあるためか、幾多の戦火を免れ、創始された天平時代のままの息吹を感じることが出来ます。

四季折々美しいのですが、特に「雪の室生寺」は、「土門拳」の写真により有名です。

日中でも氷点下(-2度)という寒い日でしたが、憧れの「雪の室生寺」を目指し、駆けつけた人たちでいっぱいでした。

murou021821.jpg


話した人の中には関東や名古屋、四国などから来られた人もいました。

たまたま週末奈良に来ていた人は僅か3泊で、雪の室生寺に出会えて幸運だとのこと。

土門拳はお寺の前の「橋本屋」という旅館に長らく滞在しシャッターチャンスを待ったそうですから。

地元の写真家によると、土門拳が撮った写真ほどに雪が降る日は年に数日しかないとのこと。

その貴重な日が休日で幸運でした。

murou02183.jpg

<金堂> 国宝 寄棟造コケラ葺
中にはぎっしりと国宝・重文の諸仏が並ぶ。如来、菩薩像は光背が木製彩色で珍しい。
それらを守護する十二神将は運慶の作

murou021820.jpg

<弥勒堂> 重文四方柿葺
御本尊の弥勒菩薩(重文)と、客仏釈迦如来坐像(国宝)が置かれている。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

 

さらに上へと上がります。

murou02184.jpg

シャクナゲの葉は冬でも落ちないのですね。春から初夏はさぞ綺麗でしょう。

murou02185.jpg

<灌頂堂、本堂> 国宝入母屋造、和様と大仏様の折衷建築、屋根、妻飾りなど随所が唐風。

中には如意輪観音坐像と両界曼荼羅がある。普段は公開されていないため、曼荼羅は彩色状態も良くとてもきれい。如意輪観音は日本三大如意輪観音とされる優しい柔和な像。

現在は特別拝観中。

murou02186.jpg

<五重塔>国宝

9世紀後半に建てられたもの、屋外にあるものでは日本最少。
平成10年の台風で、倒木により大きく破損したが修復し、今は鮮やかな色合いを見せている。

昔の五重塔を知っていると、この目の覚めるような色合いに違和感を感じたが、雪の中で見ると対比がとても美しい。

五重塔の傍らの道を通り、さらに奥ノ院を目指します。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2012_02_19


Comments

No title 

すばらしいですね。
寒そうですがこんなにきれいなら是非みたい気がします。
今年は寒くて雪も多いみたいですね。
スズまま  URL   2012-02-19 14:43  

No title 

スズまま>

冬の京都は良いといいますが、奈良も良いですよ~
ただ交通機関が普段ですら少な目なのに、シーズンオフはもっと減るため観光地を回るのは時間がかかります。
この日室生寺に来てた人たちも、遠路から来てた人たちは最終バスが3:15分!なので、相当急いで回ってました。
乗りそびれると翌日までバスは来ないし、近くの駅までは6,7キロあるから歩くとしたら大変です。


せれまま  URL   2012-02-21 00:00  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。