ラ・ターブル・ド・ジャルダン (La Table du Jardin) 五條市


五条市は奈良県南部、和歌山県との県境にあり、古い町並みと、新しい住宅街が隣り合わせになっている不思議な街です。

伝統的な町並み保存地区を抜けると、大規模に区画割された住宅街があり、そこには「田園」というどかな名前がついています。

その中心を貫通するメインストリートに面して「ラ・ターブル・ドゥ・ジャルダン」があります。

taburu0121.jpg

少々いかめしい名前ですが、可愛い看板が上り、小ざっぱりした白い建物と、前庭には季節の花が寄せ植えしてあります。

行ったときはクリスマスローズが2株ほど、うつ向きがちに花を咲かせていました。

taburu01213.jpg


内装は白と木目を基調に、窓辺にはレースのカーテン、とりどりの雑貨がアクセントを添えています。

taburu5673.jpg

駅からは相当離れているので、交通手段は「車」が第一選択ということになるでしょうか。

お店の隣が道を挟んで駐車スペースです。大体15台ぐらい。

お昼時は、平日ですら駐車が難しいとほどの混雑振り。

私が訪れたときは、平日1時過ぎでしたが駐車場に入らず諦めて、離れる車を数台みかけました。

待つのが嫌な人はランチタイムを前後にずらすことをお薦めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

 
ランチメニュー

Jardinランチ1260円の他、オムレツをメインにしたもの、サラダをメインいしたランチは1050円、それぞれ人気です。

今回はオムレツのランチを選択。オムレツの具は「ジャガイモ、チーズ、ベーコン」にしました。

コンソメスープとメインディシュ+副菜、パンorライス、デザート、飲み物がついて1050円。

taburu01214.jpg

taburu5672.jpg

特に何か(伝統野菜とかオーガニック)にこだわった、という印象はありませんが、偏りがなく家庭的な感じの盛り付けです。

ボリュームもおさえめで体に優しそうな感じ。

オムレツは、箸を入れるとホロリと崩れ、半熟卵と、中の具材のバランスが程よく、美味しいです。

飲み物は紅茶をセレクト。

taburu01212.jpg

メニューによると使用している紅茶はマリアージュ・フレール、沢山の茶葉が記載されてます。

まぁセットは多分ハウスブレンドなんだろうけどなぁ・・・

ちょっとだけ優雅な気分に浸れます。

まぁ1000円札1枚+消費税ですからね。

大阪や神戸のちょっと洒落たところで飲めば、純粋に「お茶1杯」だけで1枚は確実に消えることを思えばCPは高い。

居心地の良さもあり、皆さん長居されるためか、相当遅い時間に行っても混みあっています。

店員さんもクルクルと忙しそうに行き来しており、お一人様だと若干居づらさを感じるかも。

ゆったりするなら、ランチは外したほうが懸命かもしれません。


ラ・ターブル・ド・ジャルダン (La Table du Jardin)

住所 奈良県五條市田園3-23-9

TEL 0747-22-7711
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
 2012_01_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.