スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


高畑を歩く

Category: 奈良  

春日大社の南側、奈良ホテルのあるあたりから十輪院、御霊神社のあるあたりは、社氏たちの住まいがあることもあり、落ちつきのあるたたずまいで志賀直哉、武者小路実篤など文化人を多く引きつけてきました。

今も入江泰吉の美術館、旧志賀直哉邸などがあり、うねうねと続く土塀(壊れかけ)などが当時の趣を伝えています。

IMG_9187.jpg


IMG_9201.jpg


IMG_9178.jpg



 


傾いてきた日差しが、鬼がわらや柿の木に照り映えます。

IMG_9180.jpg


IMG_9179.jpg

この辺りは景観保全地区であり、屋根の拭きかえすらも勝手にできないのです。

元々からある色を使用しなければいけない。

外にバルコニーをつけたり、天窓をつけたり、出窓もダメ。

もちろん駐車場に屋根をつけたり、テラスも禁止、材質も色も決まっている上、植栽も届け出したもののみ。

IMG_9191a.jpg

昔からある景観を守るため、この地区の人々は色々大変なのです。

IMG_9190.jpg

IMG_9189.jpg

奈良にはならまち地区や平城京近郊、今井町界隈、明日香近郊などをはじめとして家屋やエクステリアには様々な規制が設けられています。

おまけに旧市街地、そこらの田んぼでも文化財保護法の届け出が必要なことが多いです。

もしお宝や世紀の大発見の遺跡や遺構が出たら?

届け出した場所の試掘だけでなく、教育委員会の立会のもと、敷地全部を数メートル以上の深さを掘り返し発掘調査します。

そしてその費用はその家の所有者(大抵は建物をたてたい施主)の負担です。。。

(費用は数万~数百万以上になることもある)

さらに泣き面に蜂なことに、そのお宝は大抵寄贈させられ(仮に持っていたとしても保存技術もないし、価値も専門家にしかわからない可能性が高い)もっとその土地に埋まっている可能性に備え、家を作るための土台は発見された場所から大幅に移動させられたり、計画変更させられることも多いです。

施主さんによっては試掘で何か出たら、こっそり隠してしまおうとすることも。

まぁ、ちょっとした瓦や木簡程度なら、調査後、地中にまた埋設されてしまうこともありますけどね。

狭い小路や、崩れ枯れた土塀、トタン屋根のまま放置されている家屋には、勝手にいじったり補修出来ない哀しい背景もあるのです。

IMG_9181.jpg

庭先の犬と交流中

IMG_9183.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 犬との生活    ジャンル : ペット
 2010_12_05


Comments

 

遺跡が出たら大変だっていうのは聴いてたけど、そこまでとは・・・

我が家で出たらよ夜逃げものです。
アーロン卿  URL   2010-12-05 21:03  

 

アーロン卿>

ほとんど十中八九は試掘で終わるのですけどね。
一度敷地から舟形が出てきたこともあったのですが、全部掘り返したあと、また埋設され、後ほど普通に建築されました。まぁ大抵のものは大丈夫です。

現在平城京跡の隣にあるイトヨーカードー(旧・そごう)は地下から長屋王の屋敷跡が出たため、地下食料品売り場が無くなったのは有名です。
旧そごうの時は1階に生鮮食料品とエルメスや宝飾品売り場が同居するという不思議な形態でした。
せれまま  URL   2010-12-06 00:03  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。