スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


山の辺の道 檜原神社

Category: 奈良   Tags: 檜原神社  

巻向山から山之辺の道をさらに海石榴市に向けて南下し、緩い山道を上ってゆくと、檜原神社があります。

yamanobe1214.jpg


ここは、鳥居だけがあり、本殿も拝殿もなく、結界は神籬(垣)で仕切られ、御神体の三輪山を拝むようになっています。

hibara12145.jpg

hibara12146.jpg


檜原神社(日原社ともいう)は大神神社の摂社にあたり、本社である大神神社に同じく、三ツ鳥居があります。

ここから見える景色は古来より有名で、小高い丘の上にあることから大和が一望できる絶好のロケーション。

hibara12142.jpg

眼下に箸墓古墳の森が見え、二上山の姿を正面に望むことができます。

特に夕刻、西日で辺りが染まるときは美しいとされます。

万葉集などにも「三輪の檜原」と呼ばれ、多くの歌が詠まれました。

hibara12143.jpg

正面にうっすら見えるのが二上山。箸墓はちょっと見えにくいですね。撮り方が悪くて申し訳ない。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

 
祭神
天照大神、伊奘諾尊、伊奘冊尊

由来
崇神天皇の時代、それまで宮中で祭っていた天照大神と倭大国魂を、共に祭ることができなくなったので、それぞれ宮の外に移すことになりました。
(このあたりの事情は不明。強力な二神に囲まれて霊威が勝り落ち着かなかったという解釈があります)

その時天照大神を移した「倭の笠縫邑」が、現在の桧原神社の場所です。

hibara12141.jpg


そのとき斎宮として崇神天皇の皇女、豊鍬入姫命がたち、祭祀を託されました。

初代の斎宮と言われてます。

次代の垂仁天皇のとき、豊鍬入姫命も退下し、斎宮は垂仁天皇の娘、倭姫命に託すことになりました。

倭姫命は天照大神を鎮座させる場所をあちこち探し、最終的に、伊勢国に遷してお祀することになったそう。

そこが、伊勢神宮となったとされています。

伊勢に遷した後もその御蹟を尊崇し、桧原神社として天照大御神を引続きお祀りしました。

そのことより、この地を「元伊勢」と呼んでいます。

hibara12148.jpg

そうそう、倭姫命(倭比売)といえば、景行天皇の子である日本武尊(倭建尊)の叔母さんに当たります。

熊襲征伐に続いて、すぐ東の蝦夷征伐を命じられた倭建命は、伊勢の大宮に立ち寄り叔母を訪ねてます。

「父親に嫌われてるのかもしれません」と嘆く倭建命に、倭姫が草那芸剣を与えたことは有名ですね。

倭姫も祭祀のためとはいえ都から離れた身。

「倭は国のまほろば」という歌を詠むほどに、故郷や家族を思う甥の話は身に沁みたのかもしれませんね。

hibara12149.jpg


現在は大神神社の摂社ですが、「元伊勢」と称されるだけあって境内も広く手入れも行き届いています。

玉砂利が敷かれ、辺りは掃き清められ、木の葉もほとんどありません。

伊勢神宮廻り(摂社、末社があちこちにある)をしていて、この神社を探される方も多いようです。

境内からは二上山がよく見えます。

二上山といえば、持統天皇から謀反の疑惑をかけられて自害した大津皇子が葬られた場所として有名。

大津皇子の姉、大伯皇女も伊勢の斎宮でしたね。

大津皇子が亡くなった後、大和に戻りますが、その道中で同じ風景を見たかもしれません。

hibara12144.jpg

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 歴史大好き!    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2011_12_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。