吉野 桜木神社

Category: 奈良   Tags: 桜木神社  

宮滝遺跡から吉野川を渡り、御船山(みふねやま)と象山(きさやま)の間の山道を小川に添って歩くこと15分ほど。

miyataki1123.jpg
<宮滝遺跡周辺>

象(きさ)の小川(喜佐谷川)の畔、山あいに杉の巨木にかこまれた桜木宮(桜木神社)があります。

sakuragi11231.jpg

当日はあいにくの時雨模様のお天気で、せっかくの紅葉も霞がかかったような感じでしたが、逆にしっとりした風情はあったかも。

象の小川に渡された、木造の橋を渡って参拝します。
屋根つきのこの橋は、木末橋(こぬればし)という、雅な響きをもつ名前がつけられています。

sakuragi11236.jpg

sakuragi11235.jpg


<本殿>社殿は元禄のもの。

sakuragi11233.jpg

ここのご祭神は大己貴命・少彦名命、それに天武天皇をお祀りしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
 
大己貴命・少彦名命は、古くから医薬の神としての信仰があつく、天武天皇がまだ大海人皇子といわれていたころ、吉野に身を隠していた際、大友皇子の兵に攻められ、かたわらの大きな桜の木に身をひそめて、危うく難を逃れたいう伝説があります。

本当かどうかは諸説あるところですが、天武天皇になられた後、吉野の宮(宮滝)に行幸されると、篤くこの宮を敬われ、天皇なきあとは、ゆかり深い桜木神社へお祀りしたと伝えられています。

また写真には写っていませんが、石垣の右側に万葉歌人、山部赤人の歌碑が在ります。

み吉野の 象山の際の 木末にはここだもさわく 鳥の声かも  山部赤人

聖武天皇神亀2年夏5月、吉野離宮に行幸の時に山部赤人が歌ったものです。

静謐な境内は万葉歌を鑑賞するにふさわしく、あちらこちらから鳥のさえずりと象の小川のせせらぎと聞こえてきます。

sakuragi11232.jpg


sakuragi11237.jpg


sakuragi11234.jpg

少し時間のある向きは、壬申の乱や、大海人皇子(おおあまのみこ)に思いを廻らすもよし。

同行した鸕野讚良皇女(後の持統天皇)や草壁皇子、大津皇子、高市皇子など運命を考えるもよし。

吉野宮跡(飛鳥、奈良朝初期と、奈良後期、平安朝では違うと言われています)を推定するもよし。

鎌倉時代の源義経公、南北朝時代には後醍醐天皇など、吉野を隠遁の地に選んだ貴人に想いを馳せるもよし。

万葉歌人(大伴旅人:大伴家持の父や高市連黒人)の歌を口ずさむのもよし

昔見し 象の小川を今見れば いよよ清けく なりにけるかも   万葉集 巻3-316
 大和には 鳴きてか来(く)らむ呼子鳥 象の中山呼びぞ越ゆなる  万葉集巻1-70
 
色んな楽しみかたの出来る神社です。

所在地 奈良県吉野郡吉野町喜佐谷字トチサ423
    
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 歴史大好き!    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2011_11_25


Comments

家も・・・ 

紅葉綺麗ですね~e-133
今年は今時期でも
見れそうですね~
ダイちゃん心配ですね・・・
我が家のてんもつめが弱くて
長距離散歩すると
血がでるんです・・・e-259
なので散歩量がへらしたので
ご飯量減らしたのですが
なかなか減りません・・・
やはり運動って大事なんだと
感じました・・・
靴は嫌がるので
どうしたらよいのやら・・・です・・・e-260
てん&かいママ  URL   2011-11-26 00:18  

てんちゃん 

てん&かいママ>

足腰に負担のかからない、プールとか温泉みたいな施設があると良いんですけどね。
そうすれば心肺機能も鍛えられるし、筋肉もつくしで大助かりなんですが。
減量できない!と医師に訴えると、もっともっとご飯を減らすしかない。
グラムの減量に惑わされず、その犬が減りはじめるまでフードを減らしなさいという厳しいお答えでした。
毎回爪から血が出るのも困りますよね。
私の爪もすぐ割れるのですが、人の医師に相談すると手足に塗る保湿クリームを爪にも丁寧に塗ると少し割れにくくなるそうです。
せれまま  URL   2011-11-27 00:25  

 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.