ツバメの巣立ち

Category: イラスト   Tags: ツバメの巣立ち  

会社からの帰り道、道端にうづくまっているツバメを見つけました。

tubame1e.jpg


まだ風切羽も尾羽も伸びきっていないし、うすぼんやりした灰色の姿であることを考えると巣立ちに失敗して、落ちたのでしょう。

近くの枝にでも置いてやるか、と思いながら近づくと、ヒラリヒラリと目の前を横切るものが。

どうも両親が落ちた子を守るべく、危険物体(私?)を何とか遠ざけようと、身を呈して庇っているようです。

tubame1e3.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

 
そういえば「雛を拾わないで」というキャンペーンを日本野鳥の会がやっていたなぁ。

巣立ちに失敗した雛を見つけても、お持ち帰りせず、なるべく静かに見守った方が良いと書いていた気がする。

私の周囲を飛び回っている2羽が、両親であろうことはほぼ確か。

ここは両親に任せて去るのが正しい行動なんだろう、

と頭で理解していますが

子ツバメがうずくまっている場所は駅の改札口の前の通路で、置き去りにすると誰かに踏まれそうです。

tubame1e2.jpg


せめてもう少し人通りの少ないところへでも。

いらぬおせっかいをやこうと数歩近付くと。

突然ぱたぱたと羽ばたいて、子ツバメが移動しました。

tubame1e4.jpg

とはいえよろよろと1メートルほど先に移動しただけなのですが。

親鳥は庇おうと、ますます私の周囲をぐるぐる旋回しています。

よほど子供を狙う悪質な捕食者に見えるのでしょう。

このまま子つばめを追いかけると、空中に移動するための体力を失うかもしれません。

子つばめは、よりによってますます人に踏まれやすい位置に移動していたのですが。。。

何とかしてやりたいものだけど、と思いながらも深追いしても良いことはなさそうなので、子ツバメを通路に残して去ることにしました。

今頃同じ巣の中にいたであろう兄弟姉妹と再会できたのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 今日のイラスト    ジャンル : 日記
 2011_08_12


Comments

 

こういうときは本当に迷いますねえ。
いつか子雀を保護して巣立ち近くまですこぶる元気に育てました。
ところがそろそろ放そうかと思った時、あっけなく死んでいました。
やはり何かが間違っていたのでしょうね。
スズまま  URL   2011-08-12 07:38  

 

スズまま>

迷ったのですが、親も近くについていることだし、人が見てなければ給餌することもあるかな、と思いそのままにしました。
ぼっと歩いていた私が気付くぐらいだから、ほとんどの人は避けてくれるはずと思うので。

子スズメは一体どうしたんでしょうね?
元気に飛びたってゆくところを見届けたかったでしょうに。
心残りだろうと思います。
せれまま  URL   2011-08-12 22:47  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.