スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


仙台空港から仙台市若林区

Category: 日記   Tags: 仙台市若林区  

伊丹空港から仙台空港へ。

<伊丹空港>

itami.jpg


仙台空港は、営業再開しており、便数は去年より減ってはいますが、ANAとJALをあわせれば1.5~2時間に1本ぐらいありました。

7月末ぐらいには時間あたり1便から2便に増便されるようです。

ボーディングブリッジはまだ修理中ため、飛行機からタラップを降りて、バスでターミナルビルへ移動。

ターミナルビルは荷物の受け取り口と通関、受付のみが再開。

それ以外は壁で覆われており、全く様子は見えません。

節電と、余分なものは一切ないので、なんとなく倉庫の中のようなイメージです。

例年ならこの時期、仙台七夕のお飾りが吹き抜けの天井から沢山ぶらさがっていたのですが。

荷物をバゲージレーンから引揚げて、小さいゲートを抜けると目の前が駐車場という感じ。

そこで迎えの人たちと再会、無事な姿を確認し、ほっと一安心。

<仙台空港>

sendaiair.jpg


 
飛行場周辺の名取市は予想していたより、こざっぱりと片付けてあります。

雨が降ったので、地面が夏草に覆われ、ガレキが目立たなくなっているようです。

<潮に浸かった田> ひびわれており、何も作付されてません。

tanbo.jpg


でも中には、塩害に強いとされる綿やマメを植えて、少しでも早く元の田んぼに戻るように工夫しているようでした。

車が仙台市に近づくと干上がった田に、乗り捨てられた車や家屋などがかなり目立つように。

東北自動車道を挟んで、陸側は建造物は辛うじて残っています。

屋根や壁、開口部など養生用のブルーシートで覆われ、相当部分破損はしていますが、人の気配を感じます。

それに対し海岸側はばっさりと薙ぎ払われたように建造物が消え、夏空が遠くまで広がっています。

<海岸の松林まで見通せる>

sendai07081.jpg

津波に全て流されてしまい、残っているのは大体建物の基礎部分だけのようです。

sendai07082.jpg


時々液状化した地面に船や車がささっていたり、流れ着いた家屋の一部(大屋根や2階)と多くのがれきがあります。

sendai0708.jpg


将来的には埋立地になるようです。

<がれきの脇で咲くマツバボタン。誰かの庭にあったのがこぼれたのでしょうか>

matubabotan.jpg


10年ぐらいたてばお台場のようになるのでしょうか。

松下幸之助氏の著書に「災害のあった街が、10年後は災害のなかった街よりもむしろ発展している」という一文があったことを思いだします。

そうなることを願っています。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 犬との生活    ジャンル : ペット
 2011_07_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。