蛋白漏出性胃腸症

Category: 健康  

低分子プロテインの食餌で、便の状態は目に見えて良くなったダイちゃん。

吐き気もなければ、下痢もなく、消火器症状は綺麗に消えた。

安静を申し渡されているものの、毎日元気いっぱいだ。

これで病気があるといういのは全く信じられないが、見た目に騙されてはいけない。

daina0624.jpg

土曜日の検査結果によると、体重は増加傾向にあり、アルブミン値は改善されていた。

しかし総蛋白は依然として減少傾向にあり、基準値を大きく下回ってしまった。
(正常値は6~8だが、5.5→4.0に減少)

除外診断により蛋白漏出性胃腸症であることはほぼ間違いないだろうということに。
 

「蛋白漏出性胃腸症はどんな病気?」

血漿蛋白(けっしょうたんぱく)、とくにアルブミンが消化管内に異常にもれ出ることによって起こる低蛋白血症を主徴とする症候群です。

原因

①リンパ系の異常
腸壁から静脈に至るリンパ管の形成不全や閉塞による腸リンパ管拡張症、悪性リンパ腫、腸結核など

②毛細血管の異常
アレルギー性胃腸症、アミロイドーシスなど

③消化管粘膜上皮の異常
潰瘍性大腸炎やクローン病、メネトリエ病、消化管の潰瘍性病変や悪性腫瘍など

azisai06242.jpg

原因臓器が消化管と絞れても、まだ病名は細分化されており、診断によって治療方針は変わる。

確定診断は、どこの部位が損傷していてどの細胞がダメージを受けているかで決まるので内視鏡とバイオプシーは外せない。

ということでいよいよ内視鏡から逃れる術がなくなってきたダイちゃん。

上腹部(胃、十二指腸)がレントゲンでは怪しいのだが、大腸、小腸もレントゲンで写りにくい箇所だけに外せない。

上も下も・・・ということになるのだそう(自分のことでなくてもゾッとする)

せっかく今症状は落ち着いてきているのにと思うのだが・・・

初期段階で治療に入った方が予後が良いと言われると頷かざるをえない、かなぁ。

azisai06241.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 犬との生活    ジャンル : ペット
 2011_06_26


Comments

 

病名…初めて聞きました。
説明を読んでも、難しいです。
この蒸し暑さも体にこたえますよね。。
人もワンコも一緒ですもん。
どうしたらいいんだろって考えても
何を考えても力にはなれないのですが
ただただ、ダイナちゃん早く良くなってねv-344
と心から願いますi-260
ダイナちゃん、元気になったら、いつかまたナナとも遊んでねi-228
ナナ姉  URL   2011-06-27 18:27  

 

ナナ姉さん>

この暑さ本当辛いですよね。
この時期はまだ体が蒸し暑さに慣れてなくて、温度は7月後半~お盆頃までよりマシなのに、しんどいです。
ダイちゃん、見た目は元気満々なんですよ。
ナナちゃんに会ったら、すぐにも遊ぶかも。
ただ少し、持久力が無くなっているようには感じます。
せれまま  URL   2011-06-28 23:32  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.