蔵元探訪 「山鶴」 

Category: 奈良   Tags: 山鶴  

「山鶴」 中本酒造店

創業は江戸時代中期、享保12年(1727年)

284年の歴史を持つ奈良でも屈指の歴史をもつ蔵元です。

奈良と大阪の間にある生駒山系。その西北端の山ふところに「山鶴」醸造所はあります。

yamazuru2.jpg

yamazuru1.jpg


とパンフレットに紹介されていますが、実際は住宅街のすぐ隣にあります。

yamazuru3.jpg

地産地消、せっかく近所にあるのですから、お中元に良いかも、と思い出かけてきました。

yamazuru5.jpg

写真のお酒は「あらばしり」

一升瓶で千本絞るうち20本程度しかとれない希少なお酒を5年熟成させた珍しいもの。

微発砲の生酒で、瓶は上澄み部分は透明で、底はおりが溜まっています。

好みで上から順に注いで味が変わるのを楽しんだり、ゆっくり瓶を返し、白く濁った状態を頂きます。

隣はお酒を醸し最初に絞るしずくだけを集めたしずく絞り。

山鶴は地元の百貨店にも一部卸していますが、生酒は蔵元ならでは。

 
この蔵元では「一白、二蔵、三杜氏」をモットーに掲げている。

yamazuru6.jpg

「白」とは米を白く磨くこと。つまり良質の米を丁寧に研ぎ、水を磨き、技を磨く・・・・

そのモットーを忠実に果たすため、年間わずか500石(90kl)しか醸造しない。

しかも、平均精米歩合は50%以下、醸造するのは特定名称酒(純米100%)のみ。

徹底した高級酒志向の蔵元である。

この地で280年余りの間、酒造業を営んでいるそうだが、大和屋根を持つ典型的な古民家が、住宅街の中に溶け込んでいるのがびっくりだ。

yamazuru4.jpg

<屋根の上にさらに小屋根を載せたような屋根を大和屋根と言います。今では奈良でもほとんど見ることが出来ません>
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 奈良    ジャンル : 地域情報
 2011_06_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.