チャリティーファンマッチ in 神戸


ダイちゃんの通院の合間を縫って、出かけてきました。

serena06191.jpg

セレナは初めてHTM(ヒールワークトゥミュージック)に挑戦。

デビューに選んだ曲はルビシュタインの「ヘ調のメロディ」でした。

知らな~い、と思う人も居るかもしれませんが、曲を聴けば「ああ」とうなづくポピュラーな曲です。

規定より少し長いので、少し曲を削らなくては、と考えているところで、ダイちゃんの通院があったり、自身の仕事の都合があり、中途半端なままの状態に。

結局、冬に踊ったのと同じ「Save The Last Dance For Me」をそのまま使うことにしました。

結果はいかに。

 
せれぽんの踊りはまだ公衆の閲覧に耐えるレベルではないので、動画は2009年クラフト展でファイナリストまで残ったLesley Neville and Angus ペアのものを貼っておきます。

ダンスも沢山の犬種が挑戦していますが、ファイナリストのステージまで残るのはほとんどBCばかり。

その中で大健闘したベアデッドコリーのAngusのアテンションは素晴らしいです。
WCFO基準でいけば、このダンスはほぼフリースタイルのふりつけなのだけど、



さて、せれぽんはというと、今回審査してくれたのは島田先生と高山先生のお二人。

審査簿は英語でした。
コンテンツが少し増えたように思います。

テクニカルメリット が7.9、7.7
アーティスティックインプレッソンが 7.6と7.7

全体で15.5と15.4という、まずまずの成績でした(ビギナーとしてだけど)

緩急がついていない、ポジションの正確さが確認できない、ハンドシグナルが多い、トランジット(ポジションチェンジ)が不明瞭。いつのまにか始まり、いつの間にか終わる。という指摘が。

次回はその点に注意することにしようっと。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ♪ボーダーコリー♪    ジャンル : ペット
 2011_06_24


Comments

 

ドッグダンスは犬の動きが音楽に合っていないのが気になっていたけどこの動画は素晴らしいですね。
やっぱりハンドラー?の合図の出し方なのかな?

ちょっと興味がわきました。
スズまま  URL   2011-06-24 07:53  

 

スズまま>

興味もってもらえて嬉しいわ。いつか是非挑戦してみてね。
犬は人と同じように音楽を聴かないので、リズムに合わせた動きを出来るか否かはハンドラーしだい。
一応曲の盛り上がりや強弱、を考えてルーティン(連続した動き)を作り、犬にサインを送るのですが。
私などの若輩ものは自分自身が考えた通りの動きが舞台で出来ないです。
(ミスすると慌てて走るべきでないところで急いだり、止まるべきところで勢いがついて止まれなかったりする)
また犬の集中を常に引き出すのが難しくて、動きがなかなか自分の目論見どおりにならないです。
せれまま  URL   2011-06-24 12:35  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.