内視鏡検査は痛い。

結果よりも、その検査する過程の方に恐怖がつのります。

そんな人は珍しくないようで、恐怖心を和らげるため、先生曰く寝ている間に終わる、という誘眠剤(ドルミカム)と、お腹の痛みどめ用(ブスコパン)を検査中点滴で使ってもらうことになっていました。

以前外科手術で使った点滴の眠剤のようなもので10数える間ぐらいに眠くなるのだろうか?

検査着(お尻部分に穴の開いた大腸検査用のパンツですね)を着替えに更衣室にいると、私の前の順番の人が戻ってきて「ずっと寝ている間に終わっていた」と気楽に話をするので、少し安心してたのです。

点滴を打った後、しばらくモニターの数字を追います。

モニターで表示される心拍は120を超え、血圧も普段より上下とも10~20ぐらい高い。

低血圧が自慢だったのに、下が110とかあるのだからびっくりです。上は130~140後半ぐらい。

(普段は上が90もないぐらいで下は60ぐらい)

白衣性高血圧(お医者さんを見ると血圧が上がる)という言葉があるぐらいですから、きっと検査性高血圧だってあるでしょう。

ドルミカムについては私には全く効果がないようでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑良ければ押して行ってね
スポンサーサイト
テーマ : なんとなく書きたいこと。。    ジャンル : 日記
 2013_05_24




04  « 2013_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.