上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


介護の不安

Category: 健康  

セレナがお盆前に大きな発作を起こした後、寝たきりになって、大体2か月。

少し良くなったかな、と思うとあちこち頭や体を打ち付けて回るような

激しいてんかん発作を周期的に起こし、高熱を出し脱水症状に陥ります。

脱水は点滴することでとれるのですが、対症療法で根本解決になりません。

給水ボトルから飲水が出来なくなり、飲水用のお皿を置いても倒してしまうので

人が付き添わないといけません。

体重も三分の二程に落ちてきて、寝たきり状態のため床ずれも出来ました。

終末期というのを考えざるを得ない状態です。

セレナは基礎疾患に骨髄の造血機能異常があり、定期的に抗がん剤を服用する

ことで病勢は抑えられるのですが、この状態になってまだ抗がん剤を投与する必要が

あるのかどうか疑問。

積極的な医療にはそろそろ限界を感じます。

この状態なら緩和ケアを取り入れて良いと思うのですが、鎮痛剤、鎮静剤の投与に

動物病院は否定的で、発作を起こしたときの頓用の薬だけが処方されています。

意識があり、ご飯を自力で食べるうちは鎮静をするべきではないとのこと。

今は点滴と外用処置をするために毎日通院してます。

品位と尊厳が失われる様を見るのは辛い。

***

病院、病気、老化というのは品位とか尊厳とか損なわれる事態が多くあります。

これは人間も同様。

harow20151015.jpg

<病室でのハロウィン(差し入れ、去年の画像)>

これを撮ったころボロボロ、ヨレヨレでした(フォーカスも投げやり)

介護される身ともなると一気に何十年も老け込んだ気分になります。

辛いのはやはり介護を受けてる方ですから、愚痴をこぼしてはいけませんね。
スポンサーサイト
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2016_10_16


病院通い

Category: 健康   Tags: 病院  通院  

慢性疾患がいくつか追加になりました。

大学病院は大抵臓器ごとに診療科が分かれています。

疾患が増えると、当然かかる診療科も増えます。

(基本的に自分の専門以外の病気は絶対診ないから)

毎回初診扱いになるため、せっせと紹介状をとらないといけません。

とっても面倒・・・。

面倒ですが、1つの病院に集約しておくと電子カルテで情報共有されます。

消化器はA病院、循環器はB病院、整形はC病院、耳鼻科はD病院で、外科はE病院

というような便宜性優先のかかりかたをしているときより、何かあったときは安心?

しばらく小奇麗な都会の病院に居てたのですが、治療上の都合で元の病院に全て集約しました。

なにしろ昔からいるので、履歴(既往歴)が保存されているというのが強みです。

で、しばらく治療に専念かも。。。(したくないけど、結果的にそうなりそう)

eikandou141025


テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2014_10_25



少しづつですが改善傾向が見られます。

一時期は目も虚ろで飼い主の顔もわからず、立とうとしては倒れるの繰り返しで、どうしようかと思ったんですが。

三日ほど入院させてもらい、脱水症状だけはまず取り除いてもらいました。

前庭障害って治療って何もないんですよね。。。

脱水を起こしていれば点滴、吐いて戻せば制吐剤、自力トイレが、無理ならおむつ

という感じで対症療法だけになります。

MRIで診断がつけば、ステロイドとか試しても良いということでしたが。。。まずは保存療法からスタート。

●治療目標●

①自力でご飯
②自力でトイレ
③自力で平地歩行

としました。

①体重が通常の19キロから、入院時は15.5キロまで落ちてしまってたので、

自力でご飯、これをまず第一にクリアしてもらわなければなりません。

「流動食」を薦められたけど、共働きの我が家では大変ですもの。

病院から戻ってきて缶詰のご飯にしたのですが、嗅覚を頼りになんとかエサ皿に顔を向けたので、口元まで運び食べさせました。

病院では全食は一度も無かったそうですが、少しづつ自力で探すようになり、今日はエサ皿をケージにセットしてクリア。

②ふらふらに目が回ってる間は介助して立たせ何とかトイレしましたが、そのあと転んでしまうことが多く大変でした。

これも両脇から支える、片側を支える、リードで支える、と少しづつ介助を外してゆき、今日は自力だけでおトイレ成功。

③セレナは若干軽くなったとはいえGRサイズです。

最初はずっと抱え歩いてましたが、長距離持ち運ぶのは無理です。階段とか段差のあるところはともかく、何とか平地だけでも。

最初はクルクルと旋回してしまい、足腰もたたず全く前に進めなかったのですが、諦めたら筋力が落ち寝たきりになってしまいます。

時間がかかっても良いので、とにかく時間があれば立って前へ進む練習です

kurasiki20140825
<倉敷旅行中のセレナ>
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2014_08_25


斜傾、眼振

Category: 健康   Tags: 斜傾  眼振  

セレナが先日発作を起こしてから立てなくなってしまった。

何とか立とうとしてもふらふらと傾くのです。

普段は大体数分から長くても30分もすれば普通に歩きだすのですが。

とりあえずケージに入れてご飯抜きで出社。

翌日出張があったので、会社へは資料準備に行かなければならず、帰宅するとより状況は悪化していた。

眼振がひどく眼球の焦点が全く定まらない。

いつもの動物病院に電話し「深夜診」に連れてゆくことにした。

ぐったりしたセレナを搬送ケージに入れるのは困難で、後部座席に積もうとしたが、ごろんと転がり落ちてしまった。

とにかく玄関の前に横付けして、なんとかぐったりしたセレナを抱えてよろよろ扉を抜けて先生に預けた。

駐車スペースに車を停め直している間に失禁したらしい。

セレナ室内ではどんなことがあってもしなかったのになあ。。。

血液検査の結果は脱水がひどい、という程度で栄養状態や内臓の働きを示す数値はあまり悪くない。

内臓や炎症性疾患の可能性は薄い。

ということは多分中枢神経障害なんだろう。。。

最悪を覚悟して長~い間セレナと一緒に診察室で待ちました。

暫くして、時々会う先生(セレナが割合好きな先生)が出てきて、分厚い本を広げて、説明してくれました。

可能性は2つ

①末梢神経障害 

内耳、中耳などの器官に特発性で問題が起きる。人でも前庭神経炎とかメニエール病とかありますよね
 
②中枢神経障害

脳腫瘍、脳炎、または特発性で中枢神経から前庭神経にかけ問題が起きる。この場合他にも神経症状が出る。

どちらが原因でも眼振斜傾も起こります。

serena140820

<少し前、トリミングから戻ったときのセレナ>
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2014_08_21


途中経過

Category: 健康  

猛暑が続きましたが、今日少し涼しくなりましたね。

久々の近況報告です。

千夏・・・さすがによる年波に少し腰は悪いらしい(と言ってもレントゲンでしか変化はわからない)

セレナ・・・まあ良くなったり悪くなったり、真っ直ぐ歩けない日もあるし、変わらない日もある

ダイナ・・・基本すごく元気、まったく健康面で心配がないのはありがたい。

ターニャ・・・お腹の具合が悪いかも、フードを食べたり食べなかったり。1回50グラムまで減らしている。

万咲・・・ターニャとの勝負でときどき負けることが。正面攻撃では引けをとらないが奇襲には弱い。

ついでに人・・・今一つ治療効果が上がっていないらしい。追加療法の検討中。
         でも一応無理せず働いてます。

shop1407061

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
 2014_07_27




03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。