上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


入院

Category: 病院  

思っていたより入院が長引いてしまった。

主治医の予想ではもっと楽々と立ち直るはずだったのですが

今一つ体調が戻りません。

kouyo201510251.jpg

スポンサーサイト
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2015_10_27



しばらく更新が遅れてしまいました。

1月から2月初めまで、ちょっとだけ入院生活。

月の半ばには職場復帰したいと思ってましたが、術後経過が今一つで未だに療養中。

残念ですが、体力は高齢者なみの水準のようです。

しばらく犬たちとも隔たった生活。

もう忘れてるかもしれないなあ

hana20150214.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければ押してってね


テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2015_02_17



病院に行くことが多いと、何事も病院を中心にスケジュールが組まれることになる。

通院の予約と、会議や面談、訪問と休みの振り替えを上手く組み合わせて、スケジューリングすることが社会人としてヨソサマに迷惑をかけない最低限のマナーです。

しかし大きな病院になればなるほど「受診日」と決められた日はなかなか動かせないものです。

byouin201302050

今月はどう頑張っても所定の休み日数でやりくりができない。

どうするか?

ここはやはり

奥の手、有給休暇(勤務先では禁じ手の1つ)を使うしかなさそう。

何も社則には明文化されてませんが、「有休届」を出すというのは、相当勇気のいる行為です。

(たまたま自分のいる部署がちょっと変なのだと思う)

たまたまテレビで「ALS」という進行性の難病と向き合う患者をテーマに扱っているドラマ「僕の生きた時間」を時々見てますが、どうやって通院と勤務をやりくりしてるのか不思議で仕方がない。

どのぐらいの頻度で外来に通っているんだろう?

と思っていたら、今週は通常業務に支障をきたすようになり勤務先に告白していました。

これはすごく勇気のある行為です。

でも可能な限り、自分の病は勤務先には知られたくない、と多くの人たちが思っているのではないでしょうか?

sasanoha20130205
<立春過ぎの天気らしく軽く雪が舞う一日でしたね>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よければ押してってね
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2014_02_06



病気が安定しているうちは1か月に1回というように、定期的に通院してます。

が不安定な今は診察前の検査で今一つパッとしない数字が並ぶと、通院間隔が狭まったり、薬が増量・追加されたりします。

そしてそのあとに必ず添えられる言葉。

「〇〇が△数字が超えたら、〇〇という症状が出たら、〇〇の副作用が出たら、△が下回ったら、〇が下がらなければ、その時は外来で無理だから入院ね」

と言われています(外来治療には、かなり沢山条件がつけられている)

だから部屋には入院グッズを入れたカバンを用意しています。

以前緊急入院で、自分に必要なものを家族に持ってきてもらうのが大変だったからです。

tanbo140129
<昨日、今日は少し寒さが緩んでいますね>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑よければ押していってね
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2014_01_29



今は健康な方々も、いつかお世話になることになるかもしれない病院。

絶対私は大丈夫。。。なんて思っていてもそんな「ある日」が突然訪れることがあります。

私も若い時分は、アフラックのCMに出てくるブラックスワンと同じく

「大丈夫、大丈夫、保険なんていらないよ、だって病気なんてならないもん」などと根拠なく思ってたものです。

根拠といえば父母兄弟とも健康だったし、自分もそうだと長らく思っていたからです。

roubai20141024
<大寒らしく寒い天気が続きます、そんな中でも蝋梅はもう花をつけてました>

ところが、ちょっと体調悪いな~、と病院に診察に行ったら「今日から入院」なんて突如言い渡されました。

診察室には車いすを押してナースたちが現れ、「歩いて移動できない人」扱い。

「ちょっと待って」という間もなく外来患者から入院患者になってしまったのです。

昨日まで職場で普通に働いて、周囲の皆と同じように普通の食事をしてきたが、入院した途端「療養食」を食べなければならなくなりました。

「特別療養食」は病気の人の状態にあわせて、それぞれ工夫されたメニューのことです。

整形外科とか婦人科など外科系の病棟では普通食(一般食)と呼ばれるメニューですが、内臓の病気で内科に入院してしまうとほぼ療養食のお世話にならなければなりません。

普通食を食べている患者さんは、食事を載せたワゴンが来たら、トレーを自分でとりに行っても良いのですが、特別職は看護師さんがそれぞれプレートの名前と患者名を確認しながら、一人づつ運んできます。

当初私が食べていたのは塩分と蛋白、カリウムが制限され、一日とれる塩分は6gという過酷なメニュー。

6gとはいえ、単なる水煮や素揚げする調理でも素材そのものに自然塩が4g入ってるため、実際味付けに使用できるのは2gとなります。

味のない食事の傍らに、減塩しょうゆ(市販品よりさらに味が薄い)の袋がひっそりついています。それで味を調節してね、ということ。

塩そのものにしてしまったら使える量がほとんど無くなるので

カリウムも制限されているから当然生野菜のサラダなんてものはありません。

でも摂取カロリーは普通の成人女性より少し多め(2000カロリー)になっていたので、トレーには外の世界ではありえないものが並ぶことになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑同じような思いをした方どうぞ
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2014_01_26




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。