上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


千夏と病院

Category: 日記  

千夏は病院が好きな犬でした。

昔病院に行くたび、獣医さんからおやつやフードの試供品をもらい

”病院は美味しいものがあるところ”と条件付けされてしまったからです。

病院近くの道を通るだけで「わんわん」と騒ぎ、の駐車場で扉を開けると

リードをつかむまえに走ってゆき入口の自動扉に前に座って待つほどでした。


「でした」、と過去形なのは今はそれほど好きではないからです。

今の動物病院は個人医院でないのでおやつなどくれませんし、

若いときより血管も細いせいか、採血も失敗されたり、長時間かかります。

またご飯抜きの検査も時々あり、前日から食止めになったりします。

自然嫌いになったわけです。

皮肉にも年を取ってからの方が若いときよりも病院に用事があるもの。

ちょっと元気がないかなあ、と病院に連れて行ってみたら

肝臓の値を示すALTが2200、ALPが600ぐらい、炎症反応CRPも高いので

肝炎(疑)かなぁということになりました。ただ慢性なのか急性なのかわかりにくくて。。。

通院で少し様子見です。

千夏とセレナ、2頭とも病院通いとなると、腰痛が悪化しそう。

しか20170211
<アビーロードみたい?>
スポンサーサイト
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2017_02_12


城崎でカニ

Category: 日記  

お正月は城崎へ一泊だけ旅行。

kinosaki201701103 (1)

雪見しながらお鍋~♪

というのを期待して出かけたのですが、お正月は暖かくて雪は全くなし。

犬たちは泥だらけのドッグランで走り回ったため、今もドブ臭いです。

kinosaki201701103 (2)

<どろんこになってもあまり変わらないターニャ>

kinosaki201701103 (3)

<アンニュイな表情のダイナ>

犬たちは明日トリミングに出す予定です。

kinosaki201701103 (4)

カニは満喫できました。

沢山食べ過ぎて、しばらくカニは見たくないかな、というぐらいです。

===

セレナはお正月前の発作時、ケージで自傷してしまい肩と額が割れてました。

ですがそれも今は塞がり、床ずれ一か所だけの処置となっています。

12月下旬からコンセーブという新しい抗てんかん薬を使っているのですが、

割合相性が良いみたいで、自傷するほど大きな発作は起こしてません。

全く発作が起きないというわけではないのですが

少し緩やかになったという感じでしょうか。

効き目が持続すると良いなあ。

テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2017_01_13



16歳になりました。

今日動物病院で先生や看護師さん、受付の方から声をかけてもらいました。

serena20161215.jpg

一時期床ずれ(褥瘡)は前肘(左右)腰(左右)、4か所の骨が見える有様で、

体位転換しようにもどちら向けにすれば良いのだろう?という感じでした。

気を付けていても、状態が悪いときは一日で顔や下になる面全てが赤く腫れあがり、

見るも無残でしたが

今は腰1か所(4センチ四方ぐらい)にまで縮小しました。

すごい再生能力です。

おかげで処置にかかる時間も減り、30~40分→20分ぐらいになりました。



時節柄か、てんかん発作はかなり頻繁に起きるし

日々の皮下点滴していても腎機能はだんだん低下しており

心雑音も増えてきていて

予断は許さないのですが


大勢の人の好意に支えられて、無事この日を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。

byouin20160606.jpg

<寝たきりになる前、夏ぐらい?>
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2016_12_15



ランランは中国出身のピアニスト。

北京オリンピック開会式で弾いており、中国では触発されてピアノのお稽古をする人が

増えたとも言われます。

13歳で仙台市で開かれたコンクールで優勝したりと、日本ともかかわりが深い人です。

(満州民族ということで外観もよく似ている。。)

今回のプログラムは、チャイコフスキーの四季(1~12)&ショパンのスケルツォ1~4番

そういえば大昔、楽譜を渡されたこともあったな~(チャイコフスキー、6番舟歌)

なんて懐かしく思い出しながら出かけてきました。

fes20161208.jpg
<フェスティバルホール>

tea20161204 (1)

チャイコフスキーは自分が音源として渡された人の演奏とは全然違います。

今まで聴いたことのあるどの演奏とも違う。

弾き方も違うし、音質も違う、レガートがスタッカートだったり強弱が違ったり、間が異なったり

とにかく他の人とは違う、独自の演奏なのです。

こういう弾き方もあるんだ、という感じでしょうか。

ショパンのスケルツォはさすがに圧倒されるような演奏でした。

あの真っ黒な楽譜が~、易々楽々です。


ランランといえば、のだめカンタービレのピアノ吹き替えを引き受けたことでも有名です。

本当によく筋書と演奏が、どの箇所をとってもぴたりとマッチしているのです。

モーツアルトのトルコ行進曲の演奏は最初聴いたとき目が??となりました。

自分が弾いていた楽譜と違うような?

こんな音があったかな?すごく速い、すごく響く。メリハリすごい。

違和感を半端なく持ったのですが、原作には音が多い、速い、創作、やり過ぎと書き込み

されているので、わざとそのように弾いてるわけですね。

モーツアルトの二台のピアノのための~ではピアノ1とピアノ2どちらも自分で弾いて録音

したのだそう。分けて録音とは思えないすごい正確さです。

ランランの演奏を聴くと、今までこんな曲、と思ってきた曲が全く違うことがあるという点で

衝撃を受けます。

演奏家にオリジナリティーはあるべきですから、何がこうでなければならない、という決めつけ

は良くありません。。

でもすぐに帰り他の人の演奏との違いを確かめたい気分に駆られることも確かです。

(好き嫌いが分かれそう)

ランランは演奏会の後、必ずサイン会を行うそうで、会場には長蛇の列が伸びていました。

CDなどを買った人が対象だそうですが、楽譜などをもって並んでる人もいたので別に

構わないのでしょう。

サイン入りの楽譜というのは励みになりそうで良いですよね。。

自分が小さいときにもこういう機会があったら良かったのにな~


テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2016_12_10



少し前まで床ずれや自傷があちこちあり、血まみれで大変だったのですが、

今は大きなところは一か所だけ、まで縮小しました。

大きな発作も途切れ、低めながら安定という感じでしょうか。

narakouen201611 (1)

narakouen201611 (7)

narakouen201611 (9)


奈良は紅葉が見ごろです。

narakouen201611 (3)

narakouen201611 (4)

テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2016_11_20




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。