FC2ブログ



国立国際美術館(大阪・中之島)で開催されているプーシキン美術館展─旅するフランス風景画―に行ってきました。

17世紀~19世紀にかけてのフランスの風景画が沢山展示されてます。

お気に入りはこれ

pusikin20180910 (2)

ゴーギャンの<マタモエ、孔雀のいる風景>。

何とも鮮やか、カラフルで目を引きます。

絵の解説には「文明化されたヨーロッパ人としての自身の死を示唆していると考えられています」云々と書かれてましたが、意味がよくわかりませんでした。

画面手前を何事もなく悠々と横断する孔雀が印象的です。

pisikin20180911 (1)

ルソーの<馬を襲うジャガー>

熱帯のジャングルで獰猛なジャガーに襲われた白い馬の絵なのですが、どう見ても馬がジャガーを咥えているようにしか見えません。

馬はキョトンとしたまん丸い目で、危機に瀕しているというような状態に全く見えないんですよね。

大体ジャングルに馬なんているのか、想像にしてもよくわかりません。

このギャップ、シチュエーション何もかも不自然なところが凄いところかもしれません。

pusikin20180910 (1)

モネ<草上の昼食>

モネ26歳まだ若かりし時代の作品です。

この展覧会のメインビジュアル、すごく大きな作品です。

キラキラした木漏れ日の下に、皆でピクニックでしょうか(絵の解説によると狩りの合間の休息だそう)

沢山美味しそうなごちそうが広げられ、ワイワイ楽しそうな雰囲気です。

でも気になったのが

ブランケットというかピクニックシートを広げた上に、座る婦人。

当時のドレスはクリノリンスタイルと呼ばれるスカートで、身体の下には鳥かごのような鉄製のフープをつけていたはず。

どうやってこのように地面に水平に座ることが出来たのか。

ドレスの拡がり具合と、傍らの男性の座り方、同じ高さになるなんておかしいのでは?

広がったスカートにお皿を置くなんてあり得るのでしょうか。

色々気になって検索してみました。

すると、クリノリンスカート、座るための折り畳み方、というのがヒットしまして、フープの輪を外から中心に重ねるように座るとドレスに埋もれるような形で、ちょうど絵のような感じで座ることが出来ることがわかりました。

なるほど。

とはいえこの時代のフープは数メートルぐらいあったそう。

女性が2人もシートの上になんて座るのは不可能では?

半分は草上に座っているのでしょうか?草のシミとか汚れは大丈夫?

ついつい余計なことを色々考えてしまう作品でした。
スポンサーサイト
テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記
 2018_09_23



香港は長い間イギリス統治下にあったので、英国文化の影響が強くあちこちにティールームがあります。

ぜひラグジュアリーな空間で優雅にアフタヌーンティーを楽しみたい!

と意気込んで昨年香港アフタヌーンティーコンテストで金賞!というニューワールドミレニアムホテルに出かけたものの、アフタヌーンティーは早々と売り切れ。

近辺をあちこち彷徨ったのですが納得できるところはなく、結局滞在していたカオルーン シャングリ・ラ のティールームへ。

ここも「アフタヌーンティーは売り切れました」と最初言われたのですが、

「最後の1つだけなら何とか」ということで融通していただきました!

tea2018 (2)

ウェルカムドリンクのピンクレディレモネードが運ばれてきたあと、鳥籠型のスタンドがテーブルの横にセットされます。

(大きすぎて写真に収まらない)

tea2018 (3)

お皿を上から4枚セット。

すごいボリュームで期待感が高まります。

tea2018 (4)

クランベリースコーン&プレーンスコーンの自家製ジャム添え

さらに季節のフルーツ

tea2018 (7)

プラス チョコレートがつきます。

机の上は食べ物でぎっしり。

フレームに到底納まりきりません。

正直、見た目だけでお味はまあまあなのかな?

とも一瞬考えたりもしたのですが、全体的においしくて大満足でした。

tea2018 (6)

大根入り揚げ餅のピンクペッパー添え
キャビアとトビコの特製クリームのせパイ
ビートルードとサーモンピザのイクラのせ
ロブスターサラダとビートルードのサンドイッチ

tea2018 (5)

ローズとラズベリーマカロン
イチゴムースケーキ
グレープフルーツタルト
ローズライチシャンパンジェリー
ピンクマシュマロ

テーマ : 香港    ジャンル : 旅行
 2018_08_23



夏休みを利用して香港へ行ってきました。

honkon2018a (2)

廟街(テンプル・ストリート)、別名「男人街」、

honkon2018 (9)

honkon2018 (10)

honkon2018 (1)

honkon2018a (3)

お土産物屋さんやB級ぽい料理屋さんを見物しながら、どんどん奥に歩いてゆくと

手相、人相、四柱推命、紫微斗数等々占い屋さんがテントを連ねた一角があります。

honkon2018 (3)

目指すは雲雀占という文鳥を使った占い屋さん。

占いしたい項目を選ぶと、文鳥が束ねられたカードから1枚を選んでくれるという仕組み。

沢山の項目の中から選んだのは「旅行」

小心者なので、事業とか健康とか、あまり真剣なものでイヤな結果が出ても嫌ですから。。。

honkon2018 (2)

4羽の文鳥から、おじさんが1つ扉を開ける。

honkon2018 (5)

マッチ箱みたいな餌箱からご褒美をもらった後、文鳥が1枚カードを選び出す

honkon2018 (6)

お仕事終了。またご褒美を餌箱からもらった後ケージへ戻ってゆく。

IMG_6989.jpg

文鳥が選んだ札は羅通掃北。

唐王朝の貞観年間、薛仁貴がお使いから将軍になるという大出世物語です。

好運又好運と書いてありますから、おそらく良い札だと思われます。

というのは占い師のおじさんが広東語(?)しか話をしないので、ほとんど会話できなかったから推測なのです。

幸い香港は繁体字を使っているので日本人にとっては馴染みのある漢字ですから会話出来なくても文字は読めます。

とりあえず旅行は吉と出たのは嬉しいです。


テーマ : 香港    ジャンル : 旅行
 2018_08_22



早いもので明日がセレナの一周忌になります。

ほんの少し前のことのような気がするのに、もう一年も前のことだなんて。

1年近く寝たきりでしたから、最後に散歩に行ったのは2年近くも前のことです。

セレナとの散歩は年を追うにつれて短く近くなり、寝たきりになる前は頻々に倒れるので家から1ブロックぐらいのところしか行きませんでした。

大きなセレナはゴールデンレトリバー程の大きさで体重もあったので、倒れた場合抱えて家に帰るのはそのぐらいが限度だったのです。

セレナはいつも坂道を下ってもっともっと先へ歩きたがってましたが、帰り道は上り坂になるから大変で、いつもハアハアと苦しそうで止まりそうなほどゆっくりでした。

だからセレナが行きたがるよりも手前でいつも引き返していました。

それでも毎日散歩の往きは元気で張り切って出かけたものです。

面倒なんて思わずもっと連れていってあげれば良かったなあ。

若いころはずいぶんあちこち連れていったものの、年を取ってからターニャが来て、足腰も弱って耳も遠くなってからは家でも少し遠慮しながらケージにいることが多かったように思います。

もっと出来ることがあったのではないのかと思うと心残りです。

去年の今頃は生きていてご飯をあげたんだったなあ。

もう一口ぐらいしか食べなかったけど。

亡くなった日は日曜日で、家に居るはずの日なのにその日は仕事で。

誰もいない中、逝ってしまいました。

せっかくセレナが日曜日まで命をつないだのに、看取れなかった。

申し訳ないと思ったり、誰もいない中旅立つのがセレナらしいのかとも思ったり。

それが昨日のことのように思えたり、すごく前のことに思えたり。

お花を供えて手を合わせながら取り留めのないことを考えています。

serena20180729 (2)

serena20180729 (1)

テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2018_07_29



ターニャの7歳の誕生日です。

まだまだ子犬と思っていたのに、月日の経つのは早いものだなあ。

tania20180706 (3)

ターニャはお父さん似だと思ってましたが、年を追うごとにお母さんに似てくる気がします。

tania20180706 (4)

うめお母さんはブリーズやカラーはまっ白、アーモンアイの別嬪さんです

tania20180706 (2)

ターニャはぶちぶちそばかすがあってミディアムのくせ毛なんですが、セーブルのカラーは一緒。

お母さんの方が赤味が強く、ターニャの方が茶色っぽいかな。

tania20180706(6).jpg


でも何だか少し汚れているような...

やはりお手入れの差もあるのでしょうか...

いや小さい小さいほんの子犬のころからこんな感じなんです。

tania20180706 (5)

鼻と突きだしてるのがターニャで左右二頭が姉妹たち

写ってる子は皆セーブルなんですが、色味の出方はバラバラですね。

皆元気かな(競技会とかディスクの大会とか行けば消息がわかるのかも)

またいつか会えますように。
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット
 2018_07_06




08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

せれまま

Author:せれまま
犬たちと暮らす会社員。
アクティブ、アウトドアな犬種たちと、大好きな奈良・京都の寺院。折り合いをつけながら一病息災を模索中

カウンタ

今、何時?

参加してます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ

御取り寄せ

検索フォーム

QRコード

QR




.